中央アフリカ共和国、独自通貨「サンゴ・コイン」をローンチ 天然資源のトークン化を視野

独自トークン「サンゴ・コイン」をリリース

中央アフリカ共和国(CAR)のフォースタン・アーシャンジュ・トゥアデラ大統領は3 日、公式の仮想イベントで、CAR独自の暗号資産(仮想通貨)サンゴ・コインをリリースした。

トゥアデラ大統領は、サンゴ・コイン(Sango Coin)について、「中央アフリカ共和国の次世代通貨」になり、同国の「天然資源へのゲートウェイ」として機能するとも発表した。

CARは6月2日に、新たな投資機械の創出を目的に、同国が産出する石油、ダイヤモンド、銅などの資源をトークン化する計画を発表していたところだ。同国はダイヤモンドや金、ウランといった天然資源が豊富な地域である一方、長引く政情不安で紛争や難民問題などに悩まされており、世界最貧国の1つとされる。

関連中央アフリカ共和国、鉱物資源トークン化を計画

サンゴ・コインは、民間投資による仮想通貨ベースの経済を構築する上で役立てられ、また、CARが展開予定のメタバースプロジェクトでも活用される見込みである。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。例えば、『The Sandbox』というゲーム内のメタバースでは、ボクセルアート制作ツールやゲーム制作ツールが提供されており、ユーザーはそのなかで自作のゲームや施設を作ることができる。

▶️仮想通貨用語集

中央アフリカ共和国(CAR)のヘルベー・ノドーバ財務大臣は、サンゴ・コインは、ビットコイン(BTC)に支えられるトークンであると述べた。具体的に、ビットコインがどのようにサンゴ・コインを支えているのかは明かされていない。

ビットコインを法定通貨化

CARは今年4月、エルサルバドルに続きビットコインを法定通貨として採用することを決定している。トゥアデラ大統領は1日にも、ビットコインを重要な技術的革新の一つだとするツイートを行った。

「人類の進化は技術革新により加速してきた」としており、印刷機、エンジン、インターネットなどのイノベーションにビットコインを並べた。「ビットコインは価値の分散化」という恩恵をもたらしたと述べている。

中央アフリカ共和国(CAR)の一連の動きは、同国の仮想通貨イニシアチブ「サンゴ・プロジェクト」(Sango Project)の一環である。

このプロジェクトは「ビジネスを歓迎し、世界の仮想通貨愛好家を魅了する」仮想通貨ハブを構築することを主要な目的としている。「ビットコインの遺産を次のレベルに引き上げる」ための法的枠組みづくりや、仮想通貨経済ゾーンとなる「仮想通貨アイランド」も提案された。

仮想通貨アイランドは、ウバンギ川沿いに建設することが検討されており、NFT(非代替性トークン)を活用するメタバース機能も構想されている。

関連中央アフリカ共和国、仮想通貨国策を発表 国を挙げてビットコイン導入を目指す

サンゴ・プロジェクトの公式アカウントは、「大衆が使える金融インフラの不在」「インフレーションにより法定通貨が不安定」「金融取引インフラが未発達」なことにより、「アフリカには仮想通貨が必要である」とも述べている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します