MakerDAO、米老舗銀行との共同融資が可決

MakerDAOが米銀と共同融資

DeFi(分散型金融)レンディング大手のMakerDAOで、米国の老舗銀行ハンティンドン・バレー・バンク(HVBank)と共同融資事業を開始するために融資枠を設ける提案が可決された。

MakerDAOとは、ステーブルコインDAIを発行するプロトコル及び分散型の統治組織。HVBankとの取り組みは、ガバナンストークンMKRの保有者による投票で87%強の賛成票を得た。

DAIとは

仮想通貨(暗号資産)担保型のステーブルコインで、イーサリアムチェーン上で発行されているERC-20トークン規格。米ドルの価値と連動しており、1DAI≒1ドルを維持するよう設計される。DAIの時価総額は67億ドル(約9,000億円)に上り、ステーブルコイン分野で時価総額4位を誇る(執筆時点)。

▶️仮想通貨用語集

MakerDAOは、伝統金融の金融機関同士が融資を折半するために行う「シンジケートローン」に進出する。まずはHVBankが組成するローンに限定して50%ずつ出資、期待利回りは年率3%に置かれている。

Maker側は米ドル・ステーブルコインDAIの融資枠に当初130億円(1億ドル)を設定し、1年で1,300億円(10億ドル)まで拡大する見通し。所定のブローカーを介してDAIと米ドルが交換され、融資や返済、利息の支払いが行われる。

HVBankは、創業150年、資産規模5億ドルのペンシルバニア州の地域銀行。主に不動産担保に融資するモーゲージを組成している。HVBankはMakerDAOとの連携により、共同ローン事業を拡大していくねらい。

HVBankの幹部と共同で作成された提案書によると、新たにデラウェア州に設置される信託会社「MBPTrust」がHVBankと主契約を締結。HVBankで個別に組成される融資毎に子契約書がMBPTrustに送られ、これを担保にDAIが融資される。

関連:初心者でもわかるDeFiプロジェクト「Maker」とは|特徴や仕組みを解説

実世界の資産(RWA)

Makerにとって、DAIの担保資産として新たな「実世界の資産(RWA)」を追加し、規模拡大を図る試みとなる。他のTradFi(伝統金融)事業者との連携も視野にある。

MakerDAOで実資産導入を主導するHugh Ragsdale氏は、米国銀行との提携が、DAIと伝統金融との橋渡しになり、ユースケース拡大につながるとCoinPost提携メディアThe Blockに述べている。

HVBankの提案は、MakerDAOのバランスシートと評判を高めるものだ。Makerは実世界資産の収入を得るために、既成概念にとらわれない、多様で、業者間のソリューションを実現する。

一方で、規制された伝統金融との取引は、MakerDAOにとっても前例のないリスクを伴う。Maker出身者が設立したRWA Company LLCがこのスキームに関するオフチェーンデータを集計し、弁護士、会計士、税理士等とコミュニケーションを代行する。

投票で反対票を投じたDeFi WatchのChris Blec氏はThe Blockに対し、規制リスクについて懸念を示した。

不確実な規制環境下で、第三者との取引がMakerDAOに存亡の危機をもたらすかもしれない。規制当局が銀行に対してDAOとの取引停止命令を出したり、強制的に資金が凍結される場合だって起こりえる。

DAOとは

「Decentralized Autonomous Organization」の略。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在しない。参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる。

▶️仮想通貨用語集

DeFi(分散型金融)エコシステムにRWA(実世界資産)を持ち込む動きは、市場拡大に向けたネクストステップとして盛んに検証されている。6月末には、MakerDAOのバランスシート上のステーブルコインから低リスクの利回りを得るため、約650億円(5億DAI)を米国債や社債に投資するプランが投票にかけられ、5日に可決した。

関連:MakerDAO、ステーブルコイン5億ドル相当の裏付け資産で米国債などに投資か

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します