CoinPostで今最も読まれています

CoinEx、無期限先物取引レポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

無期限先物取引レポート

暗号資産(仮想通貨)取引所CoinExは6月、仮想通貨取引所における無期限先物取引(Perteputal Futures)に関するレポートを発表。弱気相場の到来にもかかわらず、取引量は依然として高い水準を維持しているとの結論を下した。

レポートはCoinExとToken Insightが連携して執筆したもの。2021年から2022年上半期における無期限先物取引に関するデータをまとめた。

無期限先物取引は永久スワップとも呼ばれる先物取引の一種。従来の先物取引とは違い、期日を設けない投資契約となっている。テラ・UST騒動やマクロ的な経済情勢の影響などを受け、仮想通貨市場の時価総額が1兆ドルまで減少する反面、無期限先物の取引量は大きく影響を受けていないと分析した。

出典:CoinEx

2022年1~5月にかけて、無期限契約の取引量はスポット市場の下落や取引量の減少に大きな影響を受けず、月間取引量は4兆ドル(550兆円)を超えて推移している。

特に2022年5月時点では主要な4つの取引所(バイナンス、OKX、FTX、ByBit)が75%を占めた。

出典:CoinEx

取引量シェア別では、依然としてバイナンスが1位(45.93%)にランクインした反面、バイナンスのシェアは2021年6月の56%から2022年5月には46%に縮小しつつある。

無期限先物契約とは

一般的な先物取引とは異なり、決済日の設けられていない先物契約の一種。従来の先物取引より長く保有するポジションを持続することができる反面、口座残高の追加や清算が課される可能性がある。

永久スワップとも称される。

▶️仮想通貨用語集

無期限取引プラットフォームの比較

CoinExによれば、無期限契約取引を提供する取引所の大半が最大レバレッジ100倍までをサポートしていると指摘。バイナンスやOKX、MEXCなどの大手取引所は125倍、Huobiに至っては最大200倍まで対応している。

出典:CoinEx

一方で、FTXは主要取引所の中では20倍のレバレッジは最も少なかった。

流動性

流動性スコアではバイナンスが上昇を継続。FTXは2021年の強気相場から継続的にOKXとBybitを上回り、バイナンスに次ぐ2位へとランクインした。

出典:CoinEx

また、取引ペア数ではGate.ioとByBitが上位に名を連ねた。特に、Gate.ioの取引ペア数は2022年に入り急増しており、5月時点では283組に達している。

未決済建玉(OI)

他にも、無期限先物取引におけるOI(未決済建玉)は21年11月にピークを迎えた後、22年5月時点では40%以上減少。特にBybitとFTXはOIが50%以上減少した。

出典:CoinEx

未決済建玉とは

別称、Open Interest(OI)。先物契約などの未決済のポジションを指す。OIの増加は、より多くの資金が市場に流入し、投資家が近いうちに価格が動くと予想していることを示している。

▶️仮想通貨用語集

「最も重要なイノベーション」とは

なお、2021年から2022年にかけて最も重要なイノベーションとしてCoinExは「マルチアセットマージン・メカニズム」を挙げた。マルチアセットマージンは、仮想通貨銘柄を含む複数の資産が証拠金担保としてサポートされる仕組みを指す。

このシステム下では、担保とした仮想通貨を等価の米ドル(USD)に換算して証拠金を計算する。OKXやCoinFLEXは30銘柄以上の対応を行なっている。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
仮想通貨融資企業BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧