スクエニ、ファイナルファンタジーⅦのコレクターグッズにNFT採用へ Enjin開発のEfinityチェーン用いる

保有証明にNFT

大手ゲームメーカーの株式会社スクウェア・エニックスは21日、人気タイトル『ファイナルファンタジーVII』について、NFT(非代替性トークン)で保有を証明できるコレクターグッズを発表した。

スクウェアは、コロナ禍や流通市場の激変を受けて各種グッズの企画販売・ECを積極的に推進しており、関連部門で3年連続の増収増益を維持しているという。現在はフィギュアや雑貨などがメインだが、FF7の新商品を皮切りに「次世代技術の活用」を本格的に推進すると述べている。

本企画はファイナルファンタジーVIIの25周年を記念したもので、2つのコレクターグッズの発売が予定されている。スクウェアが販売してきたホビー商品、トレーディングカードシリーズ「ART MUSEUM(アートミュージアム)」と、キャラクターフィギュアシリーズ「BRING ARTS(ブリングアーツ)」に、デジタル鑑賞やブロックチェーン上の保有証明などを盛り込んだ新機軸となる。

「ファイナルファンタジーVII BRING ARTS クラウド・ストライフ」は、FF7の主人公クラウドのキャラクターフィギュア。単体エディションと、スマートフォン・PCから360度展示が可能なデジタル版フィギュアが付属するデジタルプラスエディションの2種類が数量限定で販売される。販売価格は13,200円(税込)で、23年11月発売予定だが既にスクウェア・エニックスe-STOREで予約を受け付けている。

両方にブロックチェーン上の保有証明(デジタル正規品証明書)の交換券が発行される。

「FINAL FANTASY VII ANNIVERSARY ART MUSEUM デジタルカードプラス」は、トレーディングカード6枚とデジタルトレーディング専用コードが同梱された数量限定のカードパック。販売価格は440円(税込み)で発売は23年春を予定。

コードは専用サイトで全207種類の中から任意のデジタルカード一枚と交換して、スマホやPCで閲覧できる。デジタルカードはブロックチェーン技術で発行されたNFTであり、デジタルデータの保有を証明する。

NFTは通常、OpenSeaなどのマーケットプレイスで活発に売買されているが、ART MUSEUMのデジタルカードについて現状対応はしていない。スクウェア社は、将来的にマーケットプレイスに対応する場合、適時通知するとした。

関連:ゲームストップのNFT電子市場が好調、取引高は1週間で10億円突破

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーン上で管理・取引を行うことで、デジタルコンテンツの作成者、保有者、取引履歴などの情報が保存される。固有のIDが付与されることにより、唯一無二のものであることが証明される。

▶️仮想通貨用語集

関連:Enjin(エンジン)の次世代NFTブロックチェーン「Efinity」とは

Efinityを採用

2つの新商品のデジタルデータの保有を証明するNFTの発行基盤として、Enjin社が独自に開発した「Efinity(EFI)」ブロックチェーンが採用されている。そのため本NFTの利用・閲覧にはEnjinウォレットアプリが必要になる。

Efinityは22年3月に正式ローンチを果たしたNFT特化型の次世代ブロックチェーン。オープンプラットフォームになるように設計されており、高いガス代を心配することなく、異なるブロックチェーンが採用する様々なウォレットやマーケットプレイスを使用できるソリューションとなる。

Polkadotの規格を採用するためカスタマイズ・拡張性があり、クロスチェーンでオファーを出すなど、Efinity上で新たなNFTユースケースの構築を目指している。

関連:Enjin(エンジン)の次世代NFTブロックチェーン「Efinity」とは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します