量子コンピューターによってビットコインは破られるか?

秘密鍵なしでビットコインはアクセスできるのか?
従来のコンピュータの処理能力ではビットコインの取引で不正を働くことは不可能ですが、処理能力に優れた量子コンピュータによってそれが可能になってしまう危険性が指摘されています。
仮想通貨は安全なのか?
ビットコインには、量子コンピュータに対抗できるアルゴリズムが必要となります。しかし、ネオやカルダノといった量子コンピュータに耐性のある仮想通貨も作成されており、ブロックチェーンや仮想通貨は今後も発展していくと言われています。
量子コンピュータとは
量子コンピュータとは量子力学的現象を用いたコンピュータのことです。従来のコンピュータの最速機と言われるスーパーコンユーターの1億倍の処理能力があると言われています。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

秘密鍵なしでビットコインはアクセスできるのか?

ビットコインのような仮想通貨は従来の金融システムに新たな選択肢を提供すると注目を浴びています。

ビットコイン取引はブロックチェーン上に管理されたパズルのようなものです。

ビットコインはその複雑に作られているパズルの中に保管されていて、現在のコンピュータの能力では解析不可能なのです。

しかし理論上、ブロックチェーン上に管理されているパズルをヒントなしで解読できれば誰でもパズル内に保管されている資産にアクセスできます。

秘密鍵がこのヒントに当たります。

ビットコインなどに使われている公開鍵暗号方式では、ビットコインの受け取り側が公開鍵と秘密鍵を用意してビットコインを送る側に公開鍵を渡し、この公開鍵はだれに見られても問題ありません。

そして、送る側はデータを公開鍵で暗号化して受け取る側に送ります。

このデータは秘密鍵を持っている受け取り側本人しか復元することはできず、この復元する作業がパズルの解読に当たります。

よって本来の受け取り側とその他の違いはパズルの解読のヒントとなる秘密鍵があるかないかです。

つまりヒントがある本来の受取人の方がパズルを解読するのに有利な立場にあるだけです。

秘密鍵のないまま解読するのは現在のコンピュータでは不可能と思われていますが、次世代のデータ処理に優れている量子コンピュータならそれを解読できる可能性があります。

さらに悪いことは、多くのビットコイン取引では公開鍵はすでにブロックチェーン上に保管されており、時間制限がなく誰かが取引をしなくても盗みを働けます。

こういった悪質な手口はビットコイン市場資本のおよそ3分の1、または数千億円ほどの影響を及ぼすとも言われています。

研究者は未だ量子コンピュータがどんな問題を解決することに優れているか検証している段階にあります。

しかし今わかっていることは暗号化業界にとって量子コンピュータは脅威になりうるということです。

仮想通貨は安全なのか?

今後は暗号研究者が現在ビットコインに使われているアルゴリズム以外で量子コンピュータに対抗できるものを新たに開発する必要があります。

まだその基盤となるものは開発できていませんが、量子コンピュータに対抗できる暗号化アルゴリズムを開発しているようです。

ネオ、カルダノ、アイオタなどの耐量子コンピュータ仮想通貨なども発表されています。

万が一、ビットコインが量子コンピュータによって価値がなくなったとしても、ブロックチェーンや仮想通貨は今後も成長していくでしょう。

How quantum computers could steal your bitcoin

July 16, 2018,Marco Tomamichel

参考記事はこちらから

CoinPostの関連記事

仮想通貨下落傾向の中、量子コンピューター耐性を持つ通貨が価格上昇
量子コンピューターと仮想通貨の関係は、従来のコンピューターを遥かに超える計算速度を誇る量子コンピューターは将来、仮想通貨の暗号化技術を破ると言われています。
量子コンピューターの技術の発展によりビットコイン秘密鍵は10年後ハッキングされる?
2027年に量子コンピュータを使ってプライベートキー/秘密鍵をハックできる可能性があるようです。10年後にハッキングが可能となる時代が到来するならば、仮想通貨のみならずSNSアプリや全てのプライベートキーを利用したサービスが危険にさらされることになります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加