仮想通貨投資信託の投資額は週平均10億円増、内56%は機関投資家から|グレイスケール社レポート

グレイスケール社レポートが公開
仮想通貨投資会社グレイスケール社は、業界初となる、今年上半期の仮想通貨資産投資レポートを公開。仮想通貨市場が経験した価格の暴落や弱気相場とは相反して、同社製品への投資のペースは加速度的に高まり、その投資金額は、6ヶ月で約2億5,000万ドル(280億円)という、同社創設以来の最高の資金流入額になったと報告した。

アメリカのニューヨークに拠点を置く仮想通貨投資会社グレイスケール社(Grayscale Investments LLC)が、業界初となる、今年上半期の仮想通貨資産投資レポートを公開しました。

そのレポート内容に、業界に衝撃が走っています。

グレイスケール社は、仮想通貨とブロックチェーン関連事業に重点的に投資を行うベンチャーキャピタル、デジタルカレンシーグループ(Digital Currency Group) の完全子会社で、ビットコインをはじめとする7つの単独仮想通貨の投資信託と、主要仮想通貨にバスケット投資するパッシブ運用ファンドDigital Large Cap Fundを運営しています。

その中のビットコイン投資信託とイーサリアムクラシック投資信託は、アメリカ新興市場であるOTCQXにて、公定相場として承認されています。

レポート内容

7月18日に公開された、グレイスケール社の投資レポートでは、同社の今年上半期の業績から読み解かれた、仮想通貨市場の重要なトレンドが説明されています。

 

レポートの中で、今年上半期に仮想通貨市場が経験した価格の暴落や弱気相場とは相反して、同社製品への投資のペースは加速度的に高まっており、その投資金額は、6ヶ月で約2億5,000万ドル(280億円)という、同社創設以来の最高の資金流入額になったと報告しています。

出典:Grayscale Investments Report

グレイスケール社2018年上半期 データまとめ

・グレイスケール社 全商品への投資総額
$248,390,000 (280億3255万円)
・週平均投資額 全商品
$9,550,000 (10億7778万円)
・週平均投資額 ビットコイン投資信託
 $6,040,000 (6億8165万円)
・週平均投資額 ビットコイン以外の仮想通貨投資信託
 $3,520,000 (3億9725万円)

なお、このうちの56%は、機関投資家からの投資となる。

これらのデータの分析から、2018年の6か月間、毎週、新たな資金の流入が一定の率で起こっており、その平均投資額は、毎週9550万ドル(10億7778万円)と、堅調な投資動向が読み取れると、同社は解説しています。

投資先の割合は、ビットコイン投資信託が63%、その他の仮想通貨投資信託が37%でした。

このレポートの中で新たに判明した特筆すべき事実は、次のグラフに見られる投資家基盤の構成で、機関投資家が、資金流入源の筆頭に上がっていることでしょう。

機関投資家による資金投入は、6月30日時点までで56%を占めて、続いて適格個人投資家(米証券取引委員会に認可された投資家)が20%、退職口座が16%、ファミリーオフィスが8%となっています。

出典:Grayscale Digital Asset Investment Report

つい先日、世界最大の資産運用会社、BlackRock社が仮想通貨市場への参加を検討しているのではないか、との報道がなされましたが、同社CEOのLarry Fink氏は、社内に仮想通貨投資関連の調査チームは存在するが、顧客からの受容はあまり見込めない旨の発言をしています。

しかし、このグレイスケール社のデータは、仮想通貨投資に関して機関投資家は、未だに様子見の状態だという報道とは、異なる側面を映し出しています。 グレイスケール社の、業務執行取締役 Michael Sonnenshein氏は、次のように述べています。

「(仮想通貨投資に関する)関心が低下しているとの話があるが、全く賛同できない。価格が下がるとともに、投資家は傍観者的立場から脱している。 価格の下落をチャンスだと捉えている。」

「我が社は、機関投資家からの資金流入を直接体験しているので、疑う余地はない。」

グレイスケール社は、仮想通貨投資のトレンドを見極めるべく、これからも定期的に最新情報を公開していくと、このレポートを結んでいます。

CoinPostの関連記事

先読み投資情報 7/15〜7/21|最注目の仮想通貨とイベント一覧(ビットコイン先物・バイナンスコイン他)
7/15〜7/21に価格上昇などを期待できる好材料など、最注目の仮想通貨や最新のイベント情報まとめ。バイナンスコインのburn(バーン)、シカゴオプション取引所(Cboe)で販売しているBTCの先物契約(XBT)の7月決済日が近づいています。
仮想通貨時価総額ランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「仮想通貨時価総額ランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加