カナダ規制当局、仮想通貨取引所に誓約書提出を要請

誓約書の提出を義務化

カナダ証券管理局(CSA)は15日、暗号資産(仮想通貨)取引所が証券法の下でライセンス登録する上で、規制当局に誓約書の提出を義務化した。

誓約書では、取引所は投資家保護に関連する条件を遵守することに同意する。これを提出することで仮想通貨取引所は、CSAへの登録申請の審査期間中も業務を継続することができる。

Crypto.comとCoinsquare Capital Marketsの2社は、すでにこの誓約書を提出している。

CSA(Canadian Securities Administrators)は、他の仮想通貨取引所とも誓約書について協議中であり、提出された場合はCSAのウェブサイトで公開すると説明。誓約書を提出しない取引所に対しては行動を起こすとも続けた。

カナダ証券管理局(CSA)とは

カナダの証券規制当局を統括する組織。カナダの資本市場に対する規制を改善、調整することや、政策決定の合意を得ること、規制の実施などを役割とする。

▶️仮想通貨用語集

投資家保護などが目的

Crypto.comとCoinsquare Capital Marketsが提出した誓約書に含まれる事項の例としては、次のようなものが挙げられる。投資家保護などを考慮した項目が盛り込まれている形だ。

  • 広告やソーシャルメディアの活用について公正に行い、顧客に誤解を抱かせないようにする
  • 規制当局の同意なしに、カナダの顧客にステーキングやレンディングのサービスを提供してはいけない
  • 顧客に対して公正、誠実に行動し、利益相反を防ぐための措置を講じる

Crypto.comのKris Marszalek CEOは誓約書提出について次のようにコメントした。

北米市場、特にカナダは、仮想通貨市場の成長ポテンシャルがある重要な地域である。カナダの顧客に安全な信頼できるグローバルプラットフォームへのアクセスを提供していく上で、当局と協力していくことができて光栄だ。

ユーザーに対するルール変更通知も

カナダの仮想通貨取引所Newtonは、証券規制当局への登録にともなう、プラットフォーム利用方法の変更点についてユーザーに通知。主に、以下の点を挙げている。

  • 取引に関するアンケート
  • ネット購入の制限
  • ポートフォリオの損失通知

今後ユーザーがNewtonで取引を続けるためには、仮想通貨投資に関する過去の経験や知識、財務状況、リスク許容度についてアンケートに答える必要があると説明。

ユーザーの居住地域によっては、特定の仮想通貨について、ネット購入の制限が課される場合がある。ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の銘柄のみが制限対象から除外される。

さらに、ユーザーがアンケートで回答した損失許容範囲にポートフォリオが近づいた場合、Newtonから通知が届く予定だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します