セルシウスの上位債権者Ziglu、米ロビンフッドによる買収契約が半額に改訂へ

ロビンフッドをZigluを買収

米大手投資アプリのロビンフッドが、一時は合意していた暗号資産(仮想通貨)ウォレット・カード会社Zigluの買収契約について、金額の再交渉を図ったことが明らかになった。

フィンテックメディアAltFiが独占的に報じた内容によると、Robinhoodが提示した修正後の買収価格は約100億円(7,250万ドル)。22年4月に合意に至った買収金額、約230億円(1億7000万ドル)から58%の減額となる。

Zigluは2014年に設立された仮想通貨関連企業で、仮想通貨投資や保管のモバイルアプリや仮想通貨デビットカードを提供する。Robinhoodは2020年にも英国市場への進出を計画したが中止していた経緯があり、Ziglu買収を通して再び国際展開に取り掛かる見通し。

Zigluは過去2回(20年9月と21年11月)資金調達をしており、株価はそれぞれ5,450円(40ドル)と7,700円(57ドル)で評価された。両者が買収契約が当初合意に至った際の株価は9,284円(68ドル)であり、そこから58%割引の買収提案はZigluの初期投資家にとってもインパクトが大きい。

それでも、13億円(1,000万ドル)の補償ファンドを18か月設ける付帯状況が削られ、Robinhoodがクロージング後の責任を引き継ぐなど、有利な部分もあったようだ。ZigluのMark Henderson最高経営責任者(CEO)はCoinPost提携メディアThe Blockに対し、新しい買収契約が取締役会や株主の承認を得たことを認めている。

減額の根拠

Henderson氏によると、Robinhoodは7月中旬に条件変更を打診してきたという。同氏は初期投資家に向けた文書で以下のように述べている。

Robinhoodはこの変更の理由について、仮想通貨の冬の時代に評価額に50%~90%のマイナスの影響を与えること。Celsius、BlockFi、Voyagerを含む融資企業の債務問題、マクロ経済全体の倦怠感と進行形の地政学的緊張を理由に挙げた。

Zigluはまた、破産した仮想通貨融資企業Celsius Network(セルシウスネットワーク)の上位50の無担保債権者の1社とされている。同社の財務状況は悪化し続けており、営業、資本、リストラクチャリングといった各種支出を考慮すると、22年10月には残高が底をつき、約53億円(4,000万ドル)の赤字となると試算されている。

関連:米ロビンフッド、英仮想通貨ウォレット企業Zigluを買収へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します