ソラナでWeb3通信を標準化へ、「オープンチャット連盟」が設立

クロスメッセージング標準の構築へ

Web3(分散型ウェブ)プロダクトとそのユーザー間のコミュニケーションを改善する目的で、ソラナ(SOL)エコシステムの複数のプロジェクトの連携によって「Open Chat Alliance(オープンチャット連盟)」が設立された。

執筆時点に27以上のプロジェクトが加盟するこの団体は、Web3向けの新しいオープンソースメッセージング標準を確立するために協力。主に、Only1、Bonfida、Notifi.Networkが共同で構築したWeb3ユーザー向けメッセンジャー「xMS(クロスメッセージングサービス)」の普及を目指している。

関連ソラナ・ウォレットを革新するアプリのトークン化規格「xNFT」とは?

xMSは無料であらゆるアプリケーションに簡単に統合できるオープンソースフレームワークとなる。オープンチャット連盟は、xMSを通したdApps利用の合理化を図り、最終的に異なるチェーン上のプロダクトによる採用を目指している。

オープンチャット連盟の中心メンバーの一つ、Notifi.NetworkのPaul Kim最高経営責任者(CEO)は、統一IDが無いためにユーザーによるdAppsの横断的な利用を妨げていると指摘。

xMSが普及することで暗号資産(仮想通貨)ウォレットをパスポートのように使用でき、GameFi(ゲーム×金融)やNFT(非代替性トークン)ユーザーが別のプロトコルやウォレット、チェーン間でも自由に利用できるようになる。別々のSNSで友人のプロフィールを見たり、メッセージを送ることもできるようになるという。

xMSの構築とOpen Chat Allianceを主導する3者は、dAppsの通知/メッセージング・インフラを提供する「Notifi.Network」、データ関連のトレーダー向けオールインワンプラットフォームを提供する「Bonfida」、NFT を利用したソーシャル エンゲージメント プラットフォーム「Only1」。

連盟に加盟するプロジェクトは、独占的にxMSにアクセスできるという。xMSの機能は以下の通りだ。

  • オフチェーンのウォレット間メッセージング
  • オンチェーン情報転送
  • クロスチェーン機能
  • エンドツーエンドのメッセージ暗号化
  • 通知機能
  • グループとチャネル(トークン利用も可能)
  • バッジ、プロフィール

関連:日本発のパブリックブロックチェーンPlasm Network、Polkadotで初となるクロスチェーンの通信に成功

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します