ソラナ・ウォレットを革新するアプリのトークン化規格「xNFT」とは?

xNFT Backpackの公開

スマホアプリを操作するのと同様に、ウォレット上でdApps(分散型アプリ)を利用できる新しいコンセプト「xNFT」と、OS(オペレーションシステム)となる「xNFT Backpack」が暗号資産(仮想通貨)ソラナ(SOL)のエコシステムで公開された。

現状、OpenSea(NFTマーケットプレイス)やAave(レンディング大手)等のdAppsは、ウェブサイトのように使用されている。ブックマークやGoogle検索からアクセスし、MetaMask(メタマスク)などの仮想通貨ウォレットに接続してようやく資産をやり取りできるようになる。

新たに発表された「xNFT Backpack」は、従来の仮想通貨ウォレットと同様に資産残高や保有するNFTを表示するだけでなく、MagicEdenやSerumDEX等のソラナ(SOL)のdAppsをスマホアプリの様に一覧表示でき、ウォレットの接続作業なしに利用できる利点がある。

xNFTはNFT(非代替性トークン)技術を応用したもの。通常、NFTはブロックチェーン上に保存された画像や音楽等のデータを表すが、xNFTの場合はMagicEdenやSerumなどのdAppsを保存する。そして、これを可能にするxNFT Backpackは「dAppsのトークン化OS」と評されている。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

一つ一つのxNFTには、dAppsのデザインや特徴、機能性を説明するデータがウォレット内で表示されており、ユーザーはスマホアプリと同じ感覚で選択できる。一見するとdAppsをまとめたアプリストアのような、検索性と回遊性を高めるだけの単に便利なツールに見える。

しかし、Backpackはウォレットの秘密鍵を管理し、xNFTで表されたアプリに署名してスムーズに接続できるという。CoinPostの独自取材に対して開発者は以下のように説明している。

xNFTはプログラム可能であり、アプリケーションの全機能をxNFTに組み込み、それをウォレットが解釈する。これにより、ウォレットがプロトコルを統合できる。

開発者向けのアルファ版では、Magic Eden(NFTマーケットプレイス)でのリスティング、メタバース(仮想空間)Degodsでのステーキング、Mango Marketでのレンディング、Wormholeでのブリッジ、イールド・ジェネレーターPsyoptionsでの預金管理、及びAnchorでのスマートコントラクト開発といった操作がBackpack上で可能になっている。

関連:ソラナ基盤のNFTゲーム「スターアトラス」、決済企業MoonPayと提携

xNFTの開発組織Coral

xNFTの開発元は、ソラナのスマートコントラクト開発フレームワーク「Anchor」の開発陣が新たに立ち上げたCoral.Community。公式サイトによるとパートナー企業として開発企業Solana Labs、仮想通貨取引所FTX、大手VCのMulticoin Capital等、ソラナ・エコシステムの主要組織が参画している。

CoralはxNFTを管理するOS(オペレーションシステム)であり、ウォレットの役割も担う「xNFT_Backpack」を開発している。現在のところ、BackpackとxNFT開発者フレームワークは少数の開発者グループに公開されており、アルファ版プロダクトが構築されている段階。

今後、Coralは開発者用フレームワークとAPIセットを公開予定。非公開とされたロードマップ上には、より広範なユースケースを実現する機能実装も予定されているようだ。

関連:Web3ゲーム「Tatsumeeko」、イーサリアムとソラナにローンチを計画 10億円を資金調達

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します