ソラナ基盤のNFTゲーム「スターアトラス」、決済企業MoonPayと提携 クレジットカード決済が可能に

トークンなどをクレジットカードで購入可能に

ブロックチェーン上に構築された戦略ゲームStar Atlas(スターアトラス)は9日、暗号資産(仮想通貨)決済のスタートアップ企業MoonPayとの提携を発表。法定通貨でのゲーム内アイテムの購入が可能になることを明かした。

スターアトラスは、2620年の宇宙空間を舞台としたSF作品だ。プレーヤーは3つの派閥のうち1つに属し、構成員として宇宙船に乗りながら宇宙空間を開拓し、領土を拡大する。

基盤となるブロックチェーンにはソラナ(SOL)を採用しており、エコシステムはNFT(非代替性トークン)、ならびにATLASおよびPOLISという2つの独自通貨を中心に構成される。

関連:NFTゲームのスターアトラスとザ・サンドボックスが提携、メタバース間の相互運用性に取り組む

今回の提携によって、ゲームのプレイヤーは、ATLASトークンとNFT(非代替性トークン)をクレジットカード決済で購入可能になる。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

セキュリティ関連のイニシアティブも発足

MoonPayは、OpenSea、Bitcoin.comなど様々なマーケットプレイスで、仮想通貨やその他のデジタル資産を購入する際に、ユーザーがクレジットカード決済を行えるソリューションを提供。500万人以上のユーザーを抱え、80以上のデジタル資産に対応している。

今回の提携について、MoonPayのIvan Soto-Wright共同創業者兼CEOは、以下のようにコメントした。

仮想通貨の普及を促進し、Web3(分散型ウェブ)技術が私たちの生活にもたらす利点を説明することがMoonPayの目標だ。

我々のパートナーシップは、何百万人もの人々にWeb3を紹介し、約2,000億ドル規模のゲーム業界を前進させるための青写真となる。Web3は、ゲームの設計や構築、ユーザーや開発者のインセンティブやエンゲージメントの方法など、多くのことを変えていくだろう。スターアトラスと協力してこの変化の一翼を担えることをうれしく思っている。

スターアトラスは現在、セキュリティ対策面でのアップデートも進めている。先日には、サイバーセキュリティ企業Kudelski Securityと提携し、広範なWeb3セキュリティフレームワークを確立するためのイニシアティブを開始した。

関連:Star Atlas(スターアトラス)とは|注目すべき点や将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します