CoinPostで今最も読まれています

リップル社「XRPは投資契約の要素を満たさない」、略式判決の動議書提出

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

略式判決の動議書

米証券取引委員会(SEC)とリップル社は、暗号資産(仮想通貨)XRPの有価証券問題をめぐる裁判で13日、略式判決を求める申立てを行なった。動議書が米連邦裁判所のデータベースで閲覧可能になった。

SECとリップル社は共に、正規の事実審理(裁判)を省略して、提出文書に記された論拠に基づき、裁判所が判決を下す略式判決を求めた。双方は今後の書類提出に関するスケジュールでも合意済みだ。

関連:リップル裁判に進展 略式判決の申立書が提出、今後のスケジュールで双方合意

しかし、動議書でのそれぞれの主張は大きく食い違っている。

SECは、XRPの提供と販売が「投資契約」の判断の基盤となるハウィーテストに照らし合わせると、XRPが投資契約であることには「議論の余地のない証拠」があると主張。一方、リップル社側は、「XRPは投資契約の要素を満たしていない」と議論が続いている。

ハウィーテストとは

ハウィーテストとは、米国で特定の取引が「投資契約」という証券取引の定義の一つに該当するかどうかを判定するテスト。SECのW. J. Howey社に対する訴訟事件に由来する。テスト自体には法的拘束力はないが、SECはこのテストをもとに複数のICO(トークン販売)に対して訴訟を起こした経緯がある。 /p>

▶️仮想通貨用語集

リップル社の主張

リップル社は、ハウィーテストに示された投資契約の法的定義について、以下の3点の「本質的要素」が揃うことが必要だと過去の判例をもとに主張した。

  1. すべての投資契約には、その投資において投資家の権利を確立する、プロモーターと投資家間の契約が存在する
  2. この契約は、販売後、プロモーターに投資家の利益のために特定の活動を行う義務を課すものである
  3. この契約は、投資家の資金を使って利益を生み出す、プロモーターの努力から得られる利益を共有する権利を、投資家に付与する

しかし、訴訟で提起された期間(2013年〜2020年)に、リップル社が行ったXRPの販売、寄付、付与などの大部分では、同社とXRPの受領者に、このような契約関係を生じさせることはなかったと動議書は指摘。リップル社の株式の保有とは異なり、XRPを保有しているだけでは、その保有者がリップル社の事業などに関与することはできないと述べた。

その上で、SECが存在すると主張しているのは、「契約もなく、購入者に与えられる権利もなく、発行者に課される義務もない”投資契約”」であると批判した。

このようなSECの主張が認められた場合、「ダイヤモンド、金、大豆、自動車、美術品など、あらゆる種類の通常資産の販売」が証券の販売に匹敵することになると指摘。「議会はそのような権限をSECに与えてはいない」と締めくくった。

他の米規制当局の判断

動議書ではまた、SEC以外の米国規制当局が、XRPを証券としては規制していないと指摘。司法省と財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)が2015年にリップル社と和解した際、XRPを兌換可能な仮想通貨であり、リップル社はXRPの送金業社であると判断した事例を取り上げた。

また、商品先物取引委員会(CFTC)からは商品として、連邦税法上では「財産」として、さらに「一般に認められた会計原則」上では「無形資産」として分類されており、「証券」としてはいずれの機関からも規制されていないとした。

SECの主張

対するSECは、「リップル社はXRPのユースケースを見つけ出し、XRP市場の整合性と流動性を保護するために様々なステップを取ることを、投資家に大々的に売り込んだ」と指摘。

特に、リップル社幹部のさまざまな発言を取り上げ、同社が価値の上昇を宣伝してXRPを販売し、投資家はリターンを見込んでXRPを購入したことが証明されていると主張した。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。
07:20
JPモルガン「SECはETH以降はETFを承認しない可能性」
米SECはイーサリアム以降ソラナや他の仮想通貨の現物ETFを承認しない可能性があるとJPモルガンは分析。同社の幹部がその根拠を説明している。
07:00
フレンドテックの仮想通貨「FRIEND」急落、Baseチェーン離脱を嫌気か
Friend.techの移転先に関しては、L2ブロックチェーン「Blast」やソラナなどが候補に上がっている。
06:10
野村とGMOが提携、日本でのステーブルコイン発行を検討
野村證券とその仮想通貨資産子会社であるLaser Digital(レーザーデジタル)は、GMOインターネットグループと提携し、日本でのステーブルコインの発行を模索している。
05:45
トランプ氏の仮想通貨ウォレット、保有資産15億円超え 
元大統領で共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏に関連する仮想通貨ウォレットは、一時約1000万ドル相当の資産を保有していることが確認された。
05/27 月曜日
17:59
The Graph、AI推論とエージェントサービス導入へ AI駆動型アプリケーションの開発を強化
The Graphのコア開発チーム「Semiotic Labs」は28日、AI(人工知能)サービスを提案する新しいホワイトペーパーを発表し、The Graph上に構築されたChatGPTを基盤としたプラットフォーム「Agentc」の公開デモを公開した。
15:59
FTX、残り保有分のソラナ4000億円相当をディスカウントで売却完了 
22年11月に経営破綻した仮想通貨取引所FTXは、保有していたソラナ(SOL)26億ドル相当を大幅な割引価格で売却完了した。パンテラキャピタルなどが購入している。
14:55
イーサリアム共同創設者ルービン氏「ETF承認はゲームチェンジャー」
米Consensys CEOでイーサリアム共同創設者のジョセフ・ルービン氏は、イーサリアム現物ETFが業界の予想に反してSECから承認されたことは、米国における仮想通貨の流れを大きく転換させるものだとの考えを示した。
12:15
ETF米国初承認のイーサリアム週足大陽線、BTCドミナンスに変化の兆しも
暗号資産(仮想通貨)市場ではETFが米国で初承認されたイーサリアムが週足大陽線となり、強気シグナルが出ている。ビットコイン(BTC)ドミナンスに変化の兆しも見受けられ、一部ミームコインが買われている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア