CoinPostで今最も読まれています

リップル社「XRPは投資契約の要素を満たさない」、略式判決の動議書提出

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

略式判決の動議書

米証券取引委員会(SEC)とリップル社は、暗号資産(仮想通貨)XRPの有価証券問題をめぐる裁判で13日、略式判決を求める申立てを行なった。動議書が米連邦裁判所のデータベースで閲覧可能になった。

SECとリップル社は共に、正規の事実審理(裁判)を省略して、提出文書に記された論拠に基づき、裁判所が判決を下す略式判決を求めた。双方は今後の書類提出に関するスケジュールでも合意済みだ。

関連:リップル裁判に進展 略式判決の申立書が提出、今後のスケジュールで双方合意

しかし、動議書でのそれぞれの主張は大きく食い違っている。

SECは、XRPの提供と販売が「投資契約」の判断の基盤となるハウィーテストに照らし合わせると、XRPが投資契約であることには「議論の余地のない証拠」があると主張。一方、リップル社側は、「XRPは投資契約の要素を満たしていない」と議論が続いている。

ハウィーテストとは

ハウィーテストとは、米国で特定の取引が「投資契約」という証券取引の定義の一つに該当するかどうかを判定するテスト。SECのW. J. Howey社に対する訴訟事件に由来する。テスト自体には法的拘束力はないが、SECはこのテストをもとに複数のICO(トークン販売)に対して訴訟を起こした経緯がある。 /p>

▶️仮想通貨用語集

リップル社の主張

リップル社は、ハウィーテストに示された投資契約の法的定義について、以下の3点の「本質的要素」が揃うことが必要だと過去の判例をもとに主張した。

  1. すべての投資契約には、その投資において投資家の権利を確立する、プロモーターと投資家間の契約が存在する
  2. この契約は、販売後、プロモーターに投資家の利益のために特定の活動を行う義務を課すものである
  3. この契約は、投資家の資金を使って利益を生み出す、プロモーターの努力から得られる利益を共有する権利を、投資家に付与する

しかし、訴訟で提起された期間(2013年〜2020年)に、リップル社が行ったXRPの販売、寄付、付与などの大部分では、同社とXRPの受領者に、このような契約関係を生じさせることはなかったと動議書は指摘。リップル社の株式の保有とは異なり、XRPを保有しているだけでは、その保有者がリップル社の事業などに関与することはできないと述べた。

その上で、SECが存在すると主張しているのは、「契約もなく、購入者に与えられる権利もなく、発行者に課される義務もない”投資契約”」であると批判した。

このようなSECの主張が認められた場合、「ダイヤモンド、金、大豆、自動車、美術品など、あらゆる種類の通常資産の販売」が証券の販売に匹敵することになると指摘。「議会はそのような権限をSECに与えてはいない」と締めくくった。

他の米規制当局の判断

動議書ではまた、SEC以外の米国規制当局が、XRPを証券としては規制していないと指摘。司法省と財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)が2015年にリップル社と和解した際、XRPを兌換可能な仮想通貨であり、リップル社はXRPの送金業社であると判断した事例を取り上げた。

また、商品先物取引委員会(CFTC)からは商品として、連邦税法上では「財産」として、さらに「一般に認められた会計原則」上では「無形資産」として分類されており、「証券」としてはいずれの機関からも規制されていないとした。

SECの主張

対するSECは、「リップル社はXRPのユースケースを見つけ出し、XRP市場の整合性と流動性を保護するために様々なステップを取ることを、投資家に大々的に売り込んだ」と指摘。

特に、リップル社幹部のさまざまな発言を取り上げ、同社が価値の上昇を宣伝してXRPを販売し、投資家はリターンを見込んでXRPを購入したことが証明されていると主張した。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア