タイ:最大手映画館チェーンが仮想通貨を受け入れ

タイ最大の映画館チェーンである大手Cineplexは、映画チケットやポップコーンなど、ユーザーが仮想通貨でサービスや製品を購入出来るように、仮想通貨決済を導入するとされている。

タイは最近、仮想通貨ビジネスを規制し始めた。今週、タイ証券取引委員会(SEC)は、仮想通貨関連業者からライセンス申請を受け入れ始めている。

現段階では、どの仮想通貨が受け入れられるかを発表していないが、RapidzpayのiOSとAndroidのアプリでサポートされているコインには現在、BTC、BCHとLTCが含まれている。

CoinPostの関連記事

韓国大手取引所Bithumb:日本とタイに進出|日本は来年2月、タイは今年10月予定
金融庁の審査が厳しい中、韓国の仮想通貨取引所ビッサムは日本で来年の2月ごろに取引所を開設する予定。また、タイの活発なe-コマースやフィンテック産業や、政府の仮想通貨に対する前向きな姿勢などから今年の10月にタイでも取引所を開設する予定。
タイが仮想通貨規制枠組みで基準を明文化|XLM、ETCの取引ペア新承認
タイの証券取引委員会(SEC)は6月8日、仮想通貨取引関連企業に対して、ライセンス料、手数料、登録資本金を策定。ICOに関する一般投資家向けの上限額を設けた上、トークン発行者に対して、最低1年間の関与を義務付けた。
▶️速報ニュース一覧へ戻る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加