ヴィタリック・ブテリン氏言及:実用普及はETFより重要

イーサリアム財団のリーダーであるブテリン氏は、自身のツイッターで、最近仮想通貨コミュニティ内でビットコインETFの許可に過剰に注目を浴びせていることについて物議。

ブテリン氏によれば、ETFは仮想通貨の相場にとってポジティブだが、仮想通貨自体がより簡単に使えるようにフォーカスすることこそが仮想通貨の原点だと訴えている。

しかし、ブテリン氏のコメントに対する反論が浮上。

一つのツイートでは、法的規制の欠如や制限がその実用を妨げ、現時点では、ETFのほうが現実的だと。

また、リテール商売では仮想通貨を使うアドヴァンテージが見られないコメントも有った格好。

また、実際、SECが最近BTCとETHを有価証券として規制しないことにより、ETFの許可及び実用の普及にも大に朗報だと思われている。

例えば、Coinbaseの責任者Romero氏は先月、自社にとって、証券に該当しない仮想通貨を統合することがとても大事だと表明。

更に、CoinbaseのToshiという独自のイーサリアムアプリでこれからERC20トークンが主流市場へ向かうという期待感も持たれている模様。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加