世界最大規模の金融運用会社、仮想通貨市場へ参画|主流ヘッジファンド3社に仮想通貨追加が明らかに

世界最大規模の金融運用会社Northern Trustが仮想通貨に参入
Fortune500に入る金融サービス大手Northern Trustが、仮想通貨業界へ進出。同社の広報の言及により、前から三つの主流ヘッジファンドと連携し、仮想通貨投資をポートフォリオへ追加していた事が判明した。
Northern Trustとは
Northern Trustは、1889年にシカゴで設立された企業で、 現在では世界最大規模の資産マネージャーとして、1兆ドル近い資産を抱えるまでに成長。世界84都市に拠点を持ち、各種企業や機関、世界トップクラスの富裕層を顧客に抱えている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Fortune500社にも入る米国金融サービス大手Northern Trustはついに、仮想通貨業界へ進出しました。

Northern Trustは、仮想通貨のカストディサービスを直接行わず、同投資商品へ興味のあるヘッジファンドや機関投資家へ資産管理サービスを提供行います。

仮想通貨へ興味のあるヘッジファンドにサービス提供

Forbes紙によれば、129年の歴史を誇る、機関投資家や高額個人投資家に特化した金融サービスを提供するNorthern Trust 社は、仮想通貨ヘッジファンドへサービスの提供を行いつつ、ブロックチェーン技術を自社業務に統合するとのことです。

また同社の広報の言及により、前から三つの主流ヘッジファンドと連携し、仮想通貨投資をポートフォリオへ追加していたことが明らかになりました。

1000兆円規模のアセットを保管・管理しているNorthern Trustは現時点で、仮想通貨のカストディサービスを直接行うのでなく、同投資商品へ興味のあるヘッジファンドや機関投資家へ、アンチ・マネーロンダリングのアドバイスや投資価値の割り当て、第三者によるカストディの認証などの資産管理サービスを優先しています。

金融大手は仮想通貨技術を歓迎

今回のNorthern Trustによる市場参入や、最近判明された「ビッグ4」の会計事務所PwCがTezos財団の監査を担当する報道から、巨大金融企業はすでに仮想通貨業界を軽く見ることが出来なくなっていると考えられます。

Northern Trustの社長Pete Cherecwich氏は、Forbesのインタビューで、米国政府は、ブロックチェーン技術に慎重な態度を取りつつも、法定仮想通貨の発行を視野に、備え始めていると語りました。

「政府が最終的に米ドルをトークン化し、仮想通貨のように取引することを検討すると、私は信じている。当然、米ドルはどこかの金庫に保管されるか、もしくは政府が金融政策でトークンの価値を調整する。」と話しました。

更に、Cherecwich氏は、Hyperledger Fabricの企業向けブロックチェーン上でサービス商品を構築するブロックチェーン技術と個人資産専門家からなるチームを組織したことを明かしました。

Northern Trustの責任者の一人は法的規制と自主ルールが欠如していることで、この新興技術をより慎重に規定するべきだと昨年、指摘していましたが、進展の速いこの業界に同社も歩幅を合わせざるを得なかったと考えられます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加