中国のテック企業:米国コネティカット州へ巨額投資、仮想通貨ハブや大学設立も視野へ

Business Insiderの報道によると、中国のテック企業が米国コネティカット州へ巨額投資し、仮想通貨ハブと大学の設立を視野に入れているという。

中国テック企業Seven Stars Cloudが米国コネティカット州で、3億ドルを投資し、ロボテックや仮想通貨関連技術にフォーカスする「フィンテック·ビレッジ」を設立予定。

更に、名門ハートフォード大学内でフィンテックカレッジを立ち上げる構想も判明した。

全米No.2のエール大学が代表する地域で、同社は仮想通貨関連技術の人材を育成することを検討している。

A Chinese media mogul is building out a nearly $300 million crypto hub in an unlikely city, and it could include a college focused completely on fintech

CoinPostの関連記事

米国、2018年のブロックチェーン投資額がすでに2017年総計を上回る|とてつもない成長の予兆
世界四大会計事務所の一つであるKPMGの最新レポートによると、米国における2018年上半期のブロックチェーン投資額は、すでに2017年の総計をすでに上回っていることが明らかになった。
仮想通貨市場に参入している機関投資家はいる| eToroのCEOが言及
複数の資産のブローカー業を行い、800万人以上のユーザーを抱えるeToroのCEOのYoni Assia氏は、NewsBTCとの独占インタビューで、すでに、仮想通貨市場に進出している機関投資家もいると述べた。2018年の第2四半期に、大口投資家の資産を保護するためのコールドストレージ、保険、内部管理システムなどが備わったことで、保管業者や機関投資家向けのソリューションが誕生。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加