CoinPostで今最も読まれています

今年最大とされるビットコインニュース「ICE」による影響|専門家の意見は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新会社Bakktとその影響
米NY証券取引所を子会社に持つICEが、仮想通貨関連の新会社「Bakkt」を立ち上げると発表、スターバックスとの提携が注目を浴びているが、同社広報は、コーヒーをビットコインで購入するサービスではないと否定した。

新会社Bakktとその影響

8月3日、ニューヨーク証券取引所を子会社にもつIntercontinental Exchange(ICE)が、仮想通貨関連会社「Bakkt」を新たに立ち上げると発表、マイクロソフトや、スターバックス、ボストンコンサルティンググループなどの世界有数の企業と提携するとのことで、大きな注目を浴びています。

プレースリリースによると、新会社Bakktは、マイクロソフトのクラウドサービスを使用し、透明性のある国際ネットワーク上で、デジタル資産の売買、管理、消費を可能にするとしています。

しかし、スターバックスは、「ビットコインでのコーヒーが買えるようになるとの情報は、事実ではない」と、提携内容に関する一部報道の憶測を否定。広報代表者は、以下のようにコメントしました。

スターバックスは、デジタル資産での支払いを受け付けるわけではない。あくまでも、取引所(システム)内で、ビットコインから米ドルに変換されることを前提としている。

残念ながら、ビットコインでフラペチーノを直接購入することはできない。

ETFへの影響

8月3日、Bakkt設立のニュースを受けて、資産運用会社BKCMの創業者であるBrian Kelly氏は、CNBCの番組”Fast Money”に出演し、「ビットコインにとって今年最大のニュースだ。」と称賛。提携がビットコインETFに与える影響について、以下のように言及しました。

(仮想通貨業界は、)アメリカで認可済みの取引所と、コモディティを管理するような認可された保管場所を確保することに成功した。

この提携によって、ETF(上場投資信託)が実現しやすくなったことは間違いないだろう。

さらに同氏は、世界的知名度の高いスターバックスや、ニューヨーク証券取引所のような大手取引所が、ビットコイン市場に対して真摯に取り組んでいくことで、さらなるメインストリームへの普及にも繋がると言及しました。

慎重論も

一方で、ウォール街にて長年経験を積んだCaitlin Long氏は、この提携が仮想通貨の金融化において「諸刃の剣」であることを主張しました。

Long氏によると、仮想通貨の金融化は、流動性を飛躍的に高めることができるとする一方で、現物の流通量より紙信用の方がより多く発行された場合、現物の実際価値が下がる仕組みである「Circulation Credit」を引き起こす可能性があることに言及し、以下のようにコメントしています。

問題は、ビットコインの発行上限が定められているという特性を相殺してしまう可能性がある、”紙面上のビットコイン”発行の論理的上限が存在していないことだ。

過去にも、コモディティ市場や、クレジットデリバティブ市場で”紙面上の資産”が発行された際に、金や銀など、その資産自体の実際の希少性を打ち消してしまい、その根底にある資産価格を圧迫した例がある。

このように、懸念材料は残っているものの、今回の提携は、ビットコインETFの認可に向けて、ポジティブな影響を与えるとの見方が多く、ETFが承認されれば、機関投資家の参入などで、大きな変革につながる可能性があることから、今後の動向に高い関心と注目が集まっています。

CoinPostの関連記事

仮想通貨相場の要「CboeビットコインETF」はなぜ最有力視されるのか?徹底解説
複数の取引所がSECに申請していたビットコインETFが棄却または延期され、市場はネガティブな反応を示している。しかし、現在Cboeが申請中のETFには、他にはないアドバンテージがあり、世界初のビットコインETFとして本命視される。その理由を徹底解説した。
米証券取引委員会:ビットコインETF申請に関する「要望欄」を公開、投資家のコメントが急増
停滞する仮想通貨市場のトレンド転換点となり得る「ビットコインETF」の上場に向け、SEC公式サイトで意見を募っている。申請可否の判断については、8月前半に行われる可能性があると各所で予想されている。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11:30
ビットコインなどリスクオンムードも、上昇トレンドのモメンタムは後退|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、揉み合い続く今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|岸田総理へのWeb3に関する質問に注目集まる
今週は、岸田総理に自民党の平将明議員がWeb3に関する質問を行ったニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨イーサリアムの供給量が純減したことなど、一週間分の情報をお届けする。
02/04 土曜日
15:00
ビットコイン・レイク体験記寄稿3
ビットコイン・レイクでは、ローカルビジネスへのビットコイン導入支援が積極的に行われている。現地訪問したビットコイン・スタンダード」翻訳者の練木照子氏による体験記寄稿。
15:00
イーサ「再ステーキング」企業、EigenLayerが65億円調達へ
仮想通貨イーサリアムの“再ステーキング”プロトコルEigenLayerが、65億円の資金調達を進めている。イーサリアムのバリデーターにとって、ステーキング報酬を2重に得られるため、資本効率を高める手段として期待される。
13:00
バイナンス CBDCテストにBNBチェーンの環境を提供
バイナンスとカザフスタンがCBDCで協力して実証実験を行うことが決まった。カザフスタンのCBDCは現在実証実験の段階にある。
11:00
バイナンス、韓国市場へ再進出 GOPAX株式取得で
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、韓国市場へ再進出すると発表した。取引所GOPAX株式の多くを取得した格好だ。また、インドWazirXへのウォレット提供を止めることも報告している。
10:05
イーロン、ツイッターの収益シェア導入を発表
米ツイッター社のイーロン・マスクCEOは、広告収益の分配を有料ユーザー向けに開始したことを発表した。Twitter Blueプラン加入ユーザーのみが対象。返信欄で表示される広告の収益の一部を受け取ることとなる。
08:26
グーグル親会社「企業のミッション達成にAIは非常に重要」
グーグルの親会社アルファベットは、2023年1月分の決算報告から、AI事業の一部に関する記載を明確化すると説明。この変化は、アルファベットがAI事業を強化していることを示唆していると指摘されている。
07:25
米ナスダック・ビットコインなど反落 ドル急伸
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。米強い雇用統計を受け米国債相場の急落に伴い利回りは急伸し、株式市場や仮想通貨市場は下落した。
02/03 金曜日
16:25
イーサリアム、上海アップグレードに向けて3回テストを予定
仮想通貨イーサリアムのコア開発者グループは定期会議を実施。メインネットでの上海アップグレードは最短で3月中旬に実施可能になるとの見解も出ている。
14:15
FTX Japanの事業売却、入札期限が延長
経営破綻した仮想通貨取引所FTXの事業売却について、日本法人「FTX Japan」などの入札プロセスが1か月ほど延長された。FTXは「合理的なビジネス上の理由」と述べており、有利な入札条件を集めるねらいがあるようだ。
13:30
史上最大4MBのビットコインNFTがミント、コミュニティは賛否両論
仮想通貨開発者のUdi Wertheimer氏は、ビットコインマイニング会社Luxor Miningの協力を得て、史上最大のBTCブロックを占めるNFTの鋳造に成功したと発表した。
12:33
メタマスク、プライバシー機能を拡張
仮想通貨ウォレット最大手Metamaskは、RPCネットワークの変更機能を設置した。また、フィッシング詐欺の検出や着信トランザクション通知などを行うサードパーティサービスを使用するトグル機能を追加した。
12:15
抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る
ダウ反落を受け3日にかけて暗号資産(仮想通貨)市場も反落。ビットコインは50MA(中期移動平均線)と200MA(長期移動平均線)のゴールデンクロスが迫っている。
11:50
米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上
米上場企業マイクロストラテジーは2022年第4四半期の決算を報告。財務資産として保有する仮想通貨ビットコインについて約254億円の減損を計上している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/07 17:00 ~ 18:00
その他 東京都港区虎ノ門/オンライン
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
2023/04/14 ~ 2023/04/16
その他 未定
重要指標
一覧
新着指標
一覧