仮想通貨ステラ、時価総額5位のEOS目前に|地合いの悪い中で力強い相場を形成する理由とは

ライトコイン財団の創業者であるCharlie Lee氏は7月20日、coinmarketcap.com上でXLMがLTCを抜き、6位に着いたことを祝福した一方で、「発行が継続して行われ続ける通貨(XLM)と時価総額で比べる意味もないとは思うのだ」と皮肉めいたコメントを発言した。

執筆時(13日14時半)、すでにLTCには大差を付けた上に、EOSの約45億6千万ドルの時価総額に対し、Stellarは約42億8千万ドルの水準まで上昇している。

出典:CoinMarketCap

ここ数ヶ月仮想通貨市場全体が低迷期にある中で、価格を上昇させたステラは、すでに約3億ドルの差でEOSの6位に追いつくレベルに達し、依然強さを見せている。

EOSが価格を動かさないことを前提に考えた場合ですが、XLMは約0.243ドル(約26.8円)まで価格が上昇すれば、(現時点で0.228ドル:25.13円)、EOSを超えることができるが、EOSを超えられる理由は以下の2つと考えられる。

  • 1.7月13日に、CoinbaseがXLMを含めた5つの通貨の上場を検討
  • 2.IT巨人IBMと提携を結び、IBMはStellarのブロックチェーンを用い、「ステーブルコイン通貨」の発行等の新規事業を展開する
▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米ドルに裏付けられた新たな仮想通貨「Stronghold USD」を発表:IBMが支援を表明
7月17日、米ドルとのペッグ通貨として、ステラ・ブロックチェーンを使用した新たな仮想通貨”Stronghold USD”が発表された。大手企業のIBMが支援を公表し、テザー(USDT)の代替としても注目を集めている。
Stellar (XLM):60の仮想通貨取引所クライアントを持つShift Marketsとの提携発表
Shift Markets(以下SM社)とは、仮想通貨取引所とブローカーを開設するターン・キー方式を提供する、既に60ものクライアント(仮想通貨取引所)を持つ市場プラットフォームだ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用