「ビットコインの価格はゼロに近づいていくだろう」:CNBC経済番組でPaypal元CEOが言及

アメリカの経済番組CNBC Fast Moneyに、Paypalの元CEO「Bill Harris」氏が登場。司会のブライアン・ケリー氏とビットコインの実用性について舌戦を交わした。

ビットコインは速く、スケーラビリティがあり、効率的かつ実用的で、世界的に利用されていると一部では言われているが、これらは全て該当しない。

と、ハリス氏はビットコインに対する自身の厳しい姿勢を示した。

それに対し、ケリー氏はスケーラビリティ問題や様々な課題が解決される可能性が将来的に変化をもたらす、と反論。

ハリス氏は仮想通貨の実用性を疑問視しており、ビットコインやXRPよりも速いネットワークが必要であると提起すると、ケリー氏は問題をチャンスと見出せないのではと発言した。

逆にハリス氏がケリー氏にビットコインの利点は何かと聞くと、「金融システムが崩壊している国での送金に便利」である点を挙げた。

ハリス氏は25年間フィンテック業界に携わっていたが、仮想通貨にこだわるのではなく、既存のシステムより優れている商品を作るべきだと発言。

ビットコインのボラティリティ(価格変動性)だけでも、決済手段として、また価値の蓄蔵手段として劣ると指摘した。

先月は40%台にあったビットコインのドミナンス(支配率)は、仮想通貨全体の実に53%にまで上り詰めている。

また、同じCNBC系列番組のMad Moneyで司会を務めるJim Cramer(ジム・クレーマ)氏は、ビットコイン価格が800〜1000ドル台まで下がると予想した。

なお、本稿執筆時点でビットコインの価格は14日の5900ドル台から6200ドルまで反発、上昇を見せている。

参考記事:Former PayPal CEO on why he thinks bitcoin is going to zero

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨アルトコインの価格急落も、将来性の判断は時期尚早|CNBC投資番組内
仮想通貨市場は14日、ビットコインを中心に一時的な上昇が見られたものの、再度相場が反落し、市場全体が再び下落ムードに。アルトコインとの下落率に顕著な差が見られ、月間のアルトコイン市場の下落率では、ETF延期に次いで2番目に大きな急落相場となった。
ビットコインの最重要ラインは75万円、大口参入の目処は55万円割れ|CNBC投資番組
仮想通貨投資ファームCEOとウォール・ストリートの仮想通貨キングは、CNBCの番組にて、現在のビットコイン価格を分析。上昇トレンドに転じるには6800ドル(約75万円)が重要とした上で、下落した場合5000ドルを切った場合大口投資家の買いが集中すると言及した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用