米議員がRipple、Nasdaq、Kraken、ICE、CMEなど32の機関を招集:ICO規制について協議予定

オハイオ州下院議員のWarren Davidson氏は今週、仮想通貨業界における32の機関、ロビイスト、NPO法人などに対し、9/25にCapitol Hillで行われるフォーラムに出席するよう呼びかけた。

17日、アメリカITメディアのAxiosが伝えた。

Axiosが行なったインタビューによると、同氏は業界を牽引するリーダーを集めICO規制に関して協議を行いたい方針だ。

Davidson氏が呼びかけた中には、仮想通貨へ積極的な投資を行なっているベンチャーキャピタル(Andreessen Horowitz、Union Square Ventures)、株式・仮想通貨の取引所関係者(ICE、Kraken、Nasdaq、CME、Circle)、その他の仮想通貨企業(Ripple、Harbor、CoinList)などの機関が含まれる。

今回の協議における主なテーマは、ICOを証券オファリングの同類としてみなすべきかどうか、についてだ。

過去にSECでも幾度となくトークンの取り扱いについて協議が行われており、特にイーサリアムについては分散化の観点などから証券としてみなさないとの見方が強まっている。

補佐官によると、現在Davidson氏のオフィスは本協議についてSECと計画を練っている最中であるが、SEC関係者の本フォーラムにおける立ち位置はまだ不明確であるとのことだ。

また、同氏は今秋にICOに関する法案の提出を考えている。

参考記事:Exclusive: Rep. invites industry leaders to weigh ICO regulation

CoinPostの関連記事

規制当局SECとCFTC関係者が、ビットコインETF認可の可能性を示唆|TheICOJournalが報道
仮想通貨情報メディアTheICOJournalが、SEC、CFTCの情報筋の見解として、Cboeが提出した「ビットコインETF」が年内実現の見通しであると報道した。申請の可否は世界各国から高い関心と期待を集めている。
ETH10%急騰・仮想通貨全面高に|イーサリアム証券問題に大きな進展
長く仮想通貨相場を不安定にさせていたSECの有価証券の問題に進展。米国証券取引委員会(SEC)、企業財務部門部長のWilliam Hinman氏は、同委員会はビットコインとイーサリアムを証券としては分類しないと述べました。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用