ビットコインハードフォークブーム再燃なるか?再度複数のプロジェクトが発足

昨年、価格に影響するほどのブームとなったビットコインハードフォーク。非常に様々なトークンが誕生したが、ビットコインハードフォークビジネスは現在も続いている様だ。
これまで実行されたビットコインハードフォーク
フォークした通貨の中で、BitcoinXTやBitcoin Classicなどが有力だが人気のないビットコインフォーク通貨だ。 Bitcoin Cash(BCH)とBitcoin Gold(BTG)、Bitcoin Diamond(BCD)は有名になったが、認知されていないトークンは以下の通り。
  1. Bitcoin Platinum
  2. Bitcoin Cash Plus
  3. Bitcoin Silver
  4. Bitcoin Uranium
  5. Bitcoin God
これから実行される予定のビットコインハードフォーク
Bitcoin x2
Bitcoin X2は、2018年に予定されている多くのBitcoinフォークの中で最も注目されているビットコインフォーク通貨の1つ。 オリジナル(元祖)のビットコインブロックチェーンに基づいており、オリジナルと比較するとトランザクション速度200倍。
Bitcoin Air
この通貨は、軽量で透明性が高く、2018年に予定されている他のビットコインからのフォーク通貨と比較するとトランザクション確認時間が最も速い。
Bitcoin Prime
ビットコインとPrime Coinのミックス通貨。
Bitcoin Zero(X)
Hexx (HXX)保有者は、1:10の割合でBitcoinZeroX (BZX)で受け取り可能。 ZeroCoinの匿名プロトコルとマスターノードの機能を組み合わせている。
Bitcoin Hex

このフォーク通貨は、BTCとETHの特徴を併せ持ちし、ERC20プロトコルでできた通貨。

また、オートミックスワップやDEX取引所にも簡単に統合される。

Bitcoin Dollar

Bitcoin DollarはAIを統合したプロジェクトで、ブロックチェーン技術を駆使し、IoTやクラウドサービスを促進する。

参考記事:Upcoming Bitcoin Forks of 2018

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨ビットコイン:これまでに行われたフォークは約70回にも及ぶ
フォークコインをまとめたサイトforkdrop.ioによれば、現在69のビットコインのフォークが確認されていますが、そのうち取引所での取引が可能であるのはわずか10種類ほどです。また、そのすべてを合わせても、0.12BTCのほどの価値しかもちません。
4/11(水)|主要通貨を中心にオールグリーン・Segwit2のハードフォーク中止時期と同水準
大きな値動きはなく、主要通貨を中心に全面的に小幅高(オールグリーン)となりました。現在のBTC価格は、2017年11月の「Segwit2のハードフォーク」が中止になったことで一時下落した時期と、ほぼ同水準です。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用