CoinPostで今最も読まれています

SECのルールから推測される、ビットコインETF再審査の意味とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SECの再審査の意味合いとは
日本時間24日、米国証券取引委員会(SEC)から、日本時間23日に非承認した9つのビットコインETFを再審査(レビュー)する発表が出された。この再審査はどれほど変化をもたらすのか。

SECによる再審査について

昨日、SECの秘書長を務めるBrent Fields氏からの手紙によると、「委員会規定431に準拠し、当委員会は否決判断を再審査する」と記されています。

出典:SEC文書

しかしながら、「再審査」とは何か、そして、ビットコインETFにどのような影響をもたらすのかについて、考察します。

まず、SEC委員会のルールによると、委員会は既に出された判決に対する以下の権限を有しています。

出典:SEC

全部、もしくは部分的に

肯定

否定

修正

後回し

差し戻し

つまり、一度否決された9つのETFにおいて、まだ最終判断は事実上先延ばしされ、決定された訳ではない事を意味します。

CoinDeskの取材で、国際詐欺と不正行為に特化した法律事務所Kobre and Kim LLPの弁護士Jake Chervinsky氏は、ETFを申請した取引所CboeBZX(ProShares、GraniteShares)とNYSEアーカ(Direxion)からの再審査の申請が見られないため、恐らく、「一人のSECコミッショナーによるものだ」と明かしました。

再審査自体は、事実上コミッショナー1人でも要求した場合、実行されることになります。

さらに、Chervinsky氏は、今回行われる再審査に関する追加資料の収集及び可否の決定を担うのはJay Clayton委員長と3人のコミッショナー(ビットコイン肯定派のHester Pierceコミッショナー:通称クリプトママを含む)だと説明しました。

過去の再審査事例とは

投資家の中で、ETF関連で最も記憶に残っているのは、先月ウィンクルボス版ビットコインETFが非承認されたことでしょう。

実は、これも「再審査」にかけられたビットコインETFの事例とされています。

ウィンクルボス版ETFは昨年3月に否決され、申請側のCboeBZX取引所が再審査を申し出ている経緯があります。(SEC側のコミッショナーが主導となりビットコインETFが再審査となったのは、今回の9つのETFとなる。)

しかし、結果はご存知の通り否決、再審査は一年以上かかったものの、結果が変わらなかった様です。

理由は、今回の非承認と同様に、「申請側の取引所による申請は取引所法と委員会規定を満たしておらず、価格操作や詐欺の対策を十分に証明していない」というものです。

そして、当時、Pierce氏(クリプトママ)は、ウィンクルボス版ETFが再度否決になった際、

「SEC委員会の判断は、”本来の役割”の範疇を越えていると感じている。SECは、取引所が上場させようとする商品の基礎となる市場の質や特性ばかりに注視しているのではないか。 SECの役割は、投資家を保護して資本形成を促進し、公平で秩序があり、効率の良い市場を助長することであって、決してイノベーションの門番ではない。投資家保護に徹するべきだ。」

と、自身の見解を示しました。

今回、9つのETFが再審査される際にも、 彼女は前回同様、反対意見を強く論じると考えられます。

再審査にかかる時間とは

SECの規制では、再審査の申請が認められた場合、「SECは前の判断に関する支持もしくは非支持という判断を提出する期限を設けなくてはならない」と記されています。

出典:SEC

また、Chervinsky氏は、通常、SECの再審査は6~16ヵ月かかった場合も多くあったが、SECの規制では、期限の提出こそ義務付けられているものの、期限の最大日数は規定されていないため、具体的な日程の予想は極めて難しいとされています。

「しかし、つい先月ウィンクルボスの判決を下した例を考えれば、それほど長くかかるとは思わない」と見解を述べました。

更に、CoinDeskの取材にて、ビットコインETFの提供側の1社であるGraniteSharesのCEOを務めるWill Rhindは、

「再審査とはポジティブな展開だ。我々はSECに協力するつもりだ」

と、好感的な考えを示しました。を見せました。

参考記事:coindesk.com

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコインETFの実現が2019年に持ち越される2つの理由|CNBC投資番組
SECは23日、計9つのビットコインETFを申請不許可としたが、その後再審査を発表した。これに対し、米投資会社BKCMの代表Kelly氏は、仮想通貨市場の不完全な監視、未熟な先物市場という2つの理由から、ビットコインETFの実現は早くても2019年2月ではないかと予想している。
ビットコインETFが直面する「相場操縦」という大きな壁
国際金融専門法律事務所の専門家は、「ビットコインETFを通す前に、米国仮想通貨業界における法規制問題を解消する必要がある」と指摘。そのほか、仮想通貨業界の有識者たちの見解をまとめている。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧