フォルクスワーゲン×IOTA(MIOTA)プロジェクト「Digital CarPass」まもなく公開

フォルクスワーゲンと仮想通貨IOTA(MIOTA)が取り組んでいるプロジェクト「Digital CarPass」は、完成間近となり、まもなく一般向けに公開される予定である様だ。

“デジタル・カーパス(Ditigal CarPass)”はIOTAプラットフォームを使った自動車テレマティクスデータのアプリケーションで、このアプリを通して、自動車は行き先や運転コンディション、メインテナンス状況を表すことが可能となる。

更に、中古車市場において、改ざん不可能のマイレージ履歴を提供し、走行距離計の不正を防止する役割も可能にする。

つまり、自動車の信頼できるデータを記録する専用レポートシートとして機能することとなる。

参考記事:IOTA (MIOTA) Digital CarPass Is On Its Way, Here Are What You Need To Know

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

富士通:IoT向け仮想通貨技術「IOTA」を新たな標準プロトコルに採用
IOTA財団は24日、公式ツイッターで「富士通はIOTAを新たな標準プロトコルにする準備が整った」と発表。仮想通貨のIOTAは、様々な分野でプロジェクトを推し進めている。
BMWやGM含む世界自動車メーカーがブロックチェーン研究チームを発足|IOTA財団も参画
BMWや、ゼネラルモーターズ、Ford、Renaultなどの自動車メーカーが、自動車業界にブロックチェーンを取り入れるべくMOBIと呼ばれる共同体を発足しました。その共同体は30以上のメンバーで構成され、Hyperledgerや、IBM、IOTAなどが含まれています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加