ロシアの大手航空会社S7 Airline:燃料補給状況を追跡のブロックチェーン利用に成功

ロシアの国営石油会社Gazprom Neftとロシアの航空会社S7 Airlinesは、航空機への燃料補給のプロセスにブロックチェーンベースのシステム開発と実装を成功したことを発表した。

このブロックチェーン技術を使用し、航空燃料のスマートコントラクト(AFSC)システムは、航空燃料の補給と会計処理の効率を高め、空港での燃料補給プロセスを向上させることを目指しているという。

今回の取り組みは、ロシア市場でブロックチェーン技術を初めて使用する例となる。

参考記事:Russia’s Largest Airline Pioneers Blockchain Pavements for Aviation Refueling

CoinPostの関連記事

独自通貨「楽天コイン」をロシアで発行|子会社のViberで使用可能に
楽天の子会社で無料通話&メッセージアプリを提供するViberは、独自通貨の楽天コインを2019年にロシアで発行すると発表。Viberウォレットで管理し、法定通貨のルーブル、ドル、ユーロと交換できる。
ロシアでスマートコントラクトを使用した初の商業用債券取引実行:最大手銀行も参加
ロシアで最大規模を誇るロシア貯蓄銀行及び、同国の大手通信会社であるMTSが、証券保管振替機関NSDのブロックチェーンプラットフォームを使用し、ロシアで初の試みとなるスマートコントラクトを使用した商業用債券取引を行いました。関係機関は前向きなコメントを残しています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します