CoinPostで今最も読まれています

インド政府、日本の金融庁に視察団を派遣|仮想通貨禁止令が覆る可能性も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

インドの仮想通貨規制
世界人口第2位のインドが”仮想通貨の規制問題”に揺れている。これに伴い、インドの証券取引委員会は、日本に視察団を派遣した。政府関係者は、とある理由から、「現行の仮想通貨取引禁止令は覆される」との見方を示している。

インドの仮想通貨規制の現状

世界第2位、13億人を超える人口を抱えるインドですが、仮想通貨に関しては、全面禁止には至っていないものの、中央銀行であるインド準備銀行(RBI)が全ての金融機関へ仮想通貨の取り扱いを禁止する通達を行うなど、大変厳しい状況にあります。

インド政府は、昨年12月に財務省内に仮想通貨に関する検討委員会を設置し、新しい規制の提言を行うため、国内外の仮想通貨の現状に対する調査をはじめ、各国の規制や法的枠組みの研究、消費者保護や資金洗浄対策の調査などに取り組んでいます。 

この委員会には国家財政と税務を担当する財務省、財務省下で国家予算作成を担当する経済局、中央銀行のRBIならびにインド最大の国有銀行、インドステート銀行の代表が参画しています。

委員長を務める経済局書記官の、Subhash Chandra Garg氏によると、規制草案は、7月に提出され、9月には規制の枠組みが公表される予定だったものの、作業は大幅に遅れており、おそらく、今年末の提言提出となる見通しだとのことです。

地元メディアのQuartzの報道によると、財務省の検討委員会は 「ブロックチェーンと仮想通貨をそれぞれ別に取り扱う方法」を検討中で、ブロックチェーン技術がもたらす恩恵については前向きなものの、仮想通貨の取り扱いには躊躇している姿勢が伺えます。

インド証券取引委員会の動き

そんな中、インド証券取引委員会(SEBI)が、他国の仮想通貨規制について学ぶための視察団を日本を含む3カ国へ送っていたことが明らかになりました。

 SEBIの年次報告書によると、同委員会は、イギリス金融行動監督機構(FCA) 、スイス連邦金融市場監督機構(FINMA)、そして日本の金融庁へ、各国の仮想通貨とICOの取り扱いや規制方針についての調査のため、視察団を派遣したとのことです。

インドの最高裁判所は、RBIの「仮想通貨取引禁止令」に反対する全ての嘆願書の最終ヒアリングを、来たる9月11日に行い、異議申し立ての多い同法令に対する最終判断が下されることになります。

インド証券取引委員会(SEBI)も、インド政府やRBIと並んでこのヒアリングに参加することになっているため、海外視察の成果がどのような形で司法の判断に反映されるか、注目されます。

政府関係者の見解

政府関係者が、匿名を条件にQuartzに語ったところによると、仮想通貨は、コモディティ(商品)として規制される可能性があり、現行の全ての仮想通貨取引禁止令は、覆されるのではないかとの見方を示しています。

ある関係者は、次のように述べています。

誰も、仮想通貨全般を禁止するということは考えていないのではないだろうか。

問題は、取引を規制することであり、その資金の出所について知る必要があるということだ。仮想通貨をコモディティとして認可することで、取引をうまく規制することができるかもしれない。

さらに、RBIは、禁止令を出した根拠の説明を回避していましたが、弁護士のVarun Sethi氏による情報開示申請により、RBIは事前に十分な調査や裏付けがないまま同法を発令したことが明らかになり、RBI側もその事実を認めています。 RBIは仮想通貨が社会にもたらすリスクについても説明を拒否し続けているようです。

一方で、一般のインド市民は、大手仮想通貨取引所Huobiも参入を表明した「P2PのOTC取引」や、海外の銀行口座を経由して行う、「Dabba取引」と呼ばれる方法など抜け道を見つけ、仮想通貨取引を続けているようです。

一般的に世界各国の中央銀行は、仮想通貨に対して否定的もしくは、極度に慎重な姿勢を取り続けていますが、テクノロジーの進展に歯止めをかけることは困難を極めるものと思われます。

インド最高裁判所による公正な判断が待たれるところです。

CoinPostの関連記事

インド政府は仮想通貨を禁止せず、証券ではなくコモディティ(商品)として認定か
これまでにインド国内での仮想通貨の全面禁止が囁かれていたが、関係者の情報によると、現在のところ全面禁止を行う予定はないようだ。また、インド財務省内の仮想通貨パネルの関係者から得られた情報によると、仮想通貨が"コモディティ(商品)"として見なされる可能性がある。
インド中央銀行:銀行業者の仮想通貨取扱い禁止措置・期限は7月5日
インドの中央銀行であるRBIは4/6、同機関に登録されている銀行業者の仮想通貨の取扱いを禁止すると発表しました。禁止令が施行される日時が目前に迫っており、いくつかの取引所は顧客に資金を出金するよう呼びかけています。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア