コインベース上場、イーサリアムクラシック(ETC)が受ける影響とは

Ethereum Classic Cooperativeのアメリカ担当ディレクターAnthony Lusardi氏は、直近のイーサリアムクラシックのコインベースへの上場について言及し、これがプラットフォームにとってどういう意味を持つのか語った。

Twitterユーザーからの「コインベースへの上場でイーサリアムクラシックのロードマップに変更はあるのか。資金の増加はプロジェクトの加速につながるのではないのか。」との質問があがった。

Lusardi氏は、コインベースの上場は確かに資金面での強化には繋がりうるし、少なからず良い影響をもたらしてくれるが、決してそれがイーサリアムクラシックにとっての唯一の資金源ではないと回答。

数億円あれば開発は十分に進んでいくとして、イーサリアムクラシック運営は過剰な資金は必要としておらず、今回の上場によって採用の普及に繋がるが、更なる資金をマーケティングや開発に当てることとは違う意味だと結論づけた。

参考記事:Ethereum Classic’s US Director talks about ETC listing on Coinbase

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

金融機関の着眼点が「ビットコイン」に移りつつある|Coinbase副社長が見る現在の仮想通貨市場
Coinbaseと米規制機関の動き 現在の仮想通貨市場の動きを左右しているのは、規制の大きな枠組みとして世界の各国政府...
イーサリアムクラシックが16%高を記録:米大手取引所Coinbase上場へ最終調整
Coinbaseは8月3日、ETCの上場へ向けて最終調整をしていることを明らかにしました。これを受けてETC価格は前日比16%高騰、最近ではCoinbaseへの上場ニュースが報じられた通貨の価格が軒並み高騰しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック