インド、2日間の仮想通貨規制の公聴会が控える|規制撤廃が期待される

明日9月11日から、インド準備銀行(RBI)による仮想通貨規制に関する最高裁判所の公聴会が開始される。

インド中央銀行銀行は、4月6日に仮想通貨をビジネスとして取り扱うことが全面的に禁止され、様々な批判が出ており、今回の公聴会では、規制の撤廃などの見直しを行う可能性がある。

しかし、現状では、インド中央銀行による仮想通貨取引禁止にもかかわらず、P2P取引を提供しているWazirxdでは、毎日取引量が増加しているという。

今回の公聴会で規制見直しが行われれば、今後のインドでの仮想通貨取引の方向性が決まる重要な局面を迎えていると言えるだろう。

参考記事:RBI Ban Hearing in 2 Days – What Indian Crypto Exchanges Are Expecting

CoinPostの関連記事

リップル、英国大手送金サービス企業TransferGoと提携:ついにインド市場へ参入か
リップル社がイギリス拠点の送金サービスTransferGoとの提携を発表した。今回の提携によって、TransferGoには新機能が追加され、インドからヨーロッパのどこにでも即座に送金が可能となった。
印仮想通貨取引所Zebpay:インド中央銀行の仮想通貨規制も、顧客に資金を返金する強行姿勢を示す
2018年9月4日、インドの仮想通貨取引所であるZebpayは、インド中央銀行からの仮想通貨禁止令を受けているにも関わらず、顧客全員に保留状態になっているインド・ルピー残高を顧客の銀行口座に返金すると発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用