CoinPostで今最も読まれています

マイクロソフト、Bingチャットボットを一般公開 多機能性とマルチモーダル対応でユーザーエクスペリエンス向上

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Bingチャットボットを公開

マイクロソフトは4日、Bingチャットボットを一般公開すると発表した。2月にBingとEdgeブラウザに招待制として導入したAI(人工知能)対話モデルの検索機能が進化し、より多機能になっている。

新しいBingチャットボット(オープンプレビュー版)はマルチモーダル(複数様式)対応により、テキスト、画像、動画を組み合わせた回答を生成できるようになった。これは、ChatGPTのようにチャートやグラフ作成能力も備えている。

近日中に実装予定の機能として、過去のチャット履歴や会話が保存され、それらを確認したり、以前の話題を引き続き議論したりできるものがある。マイクロソフトは「時間をかけて、我々は以前のチャットから新しい会話にコンテキストをもたらすことによって、ユーザーのチャットをよりパーソナライズすることを検討している」と述べている。

さらに今後は、サードパーティ製のプラグインをサポートし、ホテル予約やショッピング、タスク管理などのアクションを円滑に行えるようになる。

マイクロソフトは2月、多額の出資を行っているOpenAIのAI技術を、検索エンジン「Bing」に搭載した。これにより、大規模言語モデルのGPT-4と膨大な検索インデックスを組み合わせ、最新かつ信頼性のある情報を自然な会話形式で提供する検索体験を実現した。

GPT-4とは

OpenAIが3月14日にリリースしたAI技術。GPT-3.5よりも長文に対応し、専門的・学術的な側面で人間レベルの性能を発揮する。テキストだけでなく画像も入力として受け付け、テキストを出力することができるマルチモーダルモデルである。

▶️仮想通貨用語集

関連:米OpenAIがAI言語モデル「GPT-4」をリリース、仮想通貨のAI関連銘柄は全面高

Bingチャットボットはこれまで「招待制」として利用が制限されてきたが、わずか90日間で5億回以上のチャットが行われるなど、急速な利用拡大が見られたという。Bingのデイリーアクティブユーザーは1億人を超え、Bingモバイルアプリのインストール数は4倍に増加。その結果Bingのシェアが拡大し、Microsoft Edgeブラウザのシェアも8四半期連続で成長したという。

関連:マイクロソフト、検索エンジン「Bing」に対話型人工知能搭載

機能増強

MicrosoftアカウントでBingまたはEdgeにサインインするだけで、オープンプレビュー版にアクセス可能だ。Bingチャットボットには、以下のような最新機能が搭載されている。

公開初期に利用可能な機能:
1. ビジュアルな検索結果: チャット内でよりリッチなビジュアル情報(チャートやグラフなど)を提供し、情報の検索と理解を助ける。
2. Bing Image Creatorの統合: Bingチャット内で、文章とビジュアルコンテンツを一元生成できる。
3. Image Creatorの言語拡張: 100以上の言語で画像を生成可能。
4. Microsoft Edgeのデザイン改善: より洗練されたユーザーインターフェイス。ブラウジング体験の向上。
5. チャット履歴: Microsoft Edgeで過去のチャットにアクセスでき、以前の会話に戻って情報を確認したり、話題を引き続き議論したりできる。
6. チャットのエクスポートと共有機能: 他の人とチャットの内容を簡単に共有したり、コラボレーションツール(Microsoft Wordなど)で継続的に作業できる。

今後追加予定の機能とその概要:
1. ビジュアル検索のチャットへの統合: 画像をアップロードし、関連するウェブコンテンツを検索できる。
2. マルチモーダルな対話をサポート:テキストのみの検索とチャットから、豊富な画像/ビデオの回答を備えた非常に視覚的なものに移行。
3. 長いドキュメントやPDF、長文のウェブサイトの要約機能の改善: オンライン上の密度の高いコンテンツを簡単に理解できる。
4. Edge Actions: タスクの効率化と簡素化をサポート。チャットのサイドバー内でオプションを提示し、利用可能なアクションを促す。
5. サードパーティAPIのBingチャットへの統合: 開発者がBingチャットにプラグインを構築し、ユーザーが検索結果でタスクを完了できる。例: OpenTableを使ったレストランの予約やWolfram|Alphaを使った複雑な質問への回答など。

マイクロソフトは、新しいAI搭載BingとEdgeを通じて、従来の検索エンジンが抱える普遍的な問題に対処し、インターネット上の情報検索方法を変革することを目指している。同社は今後、Bingの検索機能をWindows OSのタスクバーに組み込む予定で、月間5億人以上の顧客がチャットボット機能にアクセス可能になる目論みだ。

暗号資産(仮想通貨)プロジェクトの間でも、AIを活用したチャットボットの導入が進んでいる。大手仮想通貨取引所を運営するバイナンスは、教育プラットフォーム「バイナンスアカデミー」に、AIを活用したチャットボット「Binance Sensei」を導入した。

関連:バイナンスアカデミー、AIチャットボット「Binance Sensei」を導入 ChatGPTの技術活用

高速L1ブロックチェーンのソラナ(SOL)をサポートするソラナ財団は、AIユースケースの拡充を図る目的で、約1.3億円(100万ドル)の開発支援基金を発表した。また、ソラナブロックチェーンを開発するSolana Labsは、ChatGPTを介してユーザーがSolanaネットワークと直接やりとりできるようにするChatGPTプラグインのオープンソース実装例を発表した。

関連:ソラナ財団、AI関連プロジェクト向け開発基金を発表

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:07
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア