機関投資家向け調査結果「仮想通貨は普及する:70%越え」|相場下落の中で活発化する業界の動き

『仮想通貨は普及する』
米国大手マネジメント・コンサルタント企業Greenwich Associatesは、北米・ヨーロッパ・アジアの機関投資家を対象に仮想通貨の将来性に関して、アンケート調査を実施。実に過半数以上の金融機関の重役は仮想通貨がいずれ普及すると見ている様だ。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

Greenwich Associatesによる調査結果とは

米国大手マネジメント・コンサルタント企業Greenwich Associatesは、北米・ヨーロッパ・アジアの機関投資家を対象に仮想通貨の将来性に関して、アンケート調査を行いました。

調査対象者とは、アセットマネージャー、投資銀行、ブローカー業者及びヘッジファンド企業を含む多岐にわたった組織と据えられている様です。

Greenwich Associatesの調査概要では

「今年は、仮想通貨市場全体の時価総額がATHから70%以上下落したものの、機関投資家向けの仮想通貨投資環境づくりに対する熱意と努力が弱まることは無かった」

そして、『対象者の実に72%の仮想通貨が普及する』という結果がアンケート結果に見られています。

出典:Greenwich Associates

  • 2%----分からない
  • 2%----仮想通貨は成長し続け、最終的に伝統金融システムを無くす
  • 7%----過半数以上の仮想通貨は無価値となる
  • 10%----規制当局の取り締まりによる仮想通貨市場崩壊
  • 10%----広まる採用が無く、二次的なアセットクラスのままでいる
  • 32%----多くの仮想通貨は失敗に終わるものの、いくつかの通貨は生き抜き、普及を遂げる
  • 38%----法的規制は仮想通貨の成長と革新を推進する

機関投資家・業界の動きとは

続いて、Greenwich Associatesは最近見られた機関投資家の動きを取り上げて説明しました。

コインポストからも情報の補足を致します。

1.先月、ニューヨーク証券取引所の親会社ICEはマイクロソフトやスターバックス等大手企業と提携し、規制に準拠した仮想通貨取引所Bakkt の開設案を発表しました。

次に、米国大手仮想通貨取引所Coinbaseは最近、『Coinbase カストディ』など、機関投資向けのサービスを始め、さらに、コインポスト で報道したように、世界最大の資産運用会社BlackRockと手を組み、仮想通貨ETFの申請を検討しているとBusiness Insider.de によって判明されました。

2.米国巨大投資銀行ゴールドマンサックスも出資する、ブロックチェーンの送金プラットフォームを提供する米国企業Circleは現在、カストディサービスを提供するために米規制当局と連携しており、また、コインポスト でも報じたように、『すべてのものがトークン化される社会』を目指しているとされています。

3.米国の大手金融サービス企業Fidelity は仮想通貨取引所の開設を目論み、システムエンジニアなどの人材を募集するとBusiness Insiderから報じられました。

4.大手投資ファンドGrayscale社の最新資産運用報告によれば、2018年上半期(H1)における仮想通貨投資額が増加しており、しかもその56%が機関投資家によるものとのことです。

出典:Grayscale

5.世界No.2の証券取引所Nasdaqは、機械学習や自然言語処理などの技術を用いて、Twitterなどのソーシャルメディア上の仮想通貨に関する投稿を元に、価格予想を行う、機関投資家向けの仮想通貨分析ツールを開発していると報じられました

6.昨日コインポスト でも報じたニュースで、米国における、仮想通貨に関する法律作りが整っていないため、それを進めるように、CoinbaseやCircle、Digital Currency Groupを含む、米国複数の有名ブロックチェーンファンドや大手取引所が『ブロックチェーン協会』を発足し、首都の立法側へのロビー活動(業界に関する税金やKYC/アンチマネーロンダリング等)を行う計画を始めました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用