米国のバーやナイトクラブ、仮想通貨決済導入へ|仮想通貨の実用例に期待

アメリカンナイトクラブ協会は、米国のバーとナイトクラブ業界で仮想通貨の採用を促進するため、Paytomatと提携した。

米国のバーやナイトクラブ業界から構成されている30,000ものメンバーが在籍するアメリカンナイトライフ協会(ANA)は、業界内でデジタル通貨の導入を行いやすくするために、分散型決済システムのPaytomatとの戦略的パートナーシップを発表。

アメリカの証券会社SharesPostの行った最近のアンケートによれば、仮想通貨保有者の半数以上が今後12ヶ月間で保有量を増やす計画をしており、投資家の59%と消費者の72%が仮想通貨をポートフォリオに追加すると答えた。

このような導入の流れは、今後さらに仮想通貨の需要が高まってくる可能性が高いだろう。

参考記事:30,000-Member US Bar and Nightclub Industry to Adopt Blockchain

CoinPostの関連記事

仮想通貨投資家の50%以上が1年以内の買い増しを宣言、有望視される通貨も明らかに|調査レポート
アメリカの証券会社SharesPostが仮想通貨に関するアンケートの調査結果を公開。データは伸び悩む仮想通貨市場に対して投資家や消費者が前向きな見方を持っている事を示していると言える。
機関投資家向け調査結果「仮想通貨は普及する:70%越え」|相場下落の中で活発化する業界の動き
米国大手マネジメント・コンサルタント企業Greenwich Associatesは、北米・ヨーロッパ・アジアの機関投資家を対象に仮想通貨の将来性に関して、アンケート調査を実施。実に過半数以上の金融機関の重役は仮想通貨がいずれ普及すると見ている様だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します