8月下旬に巨額のビットコインを動かした『クジラ』の正体は | 白熱するネット探偵の推理

BTCの急落にクジラの影
先日の仮想通貨市場暴落の影に、黎明期からのBTC巨額保有者による大量売却の噂が立ち、SNS上で様々な推測が飛び交っている。クジラの背景に見られる、Mt.Goxやシルクロードの影響とは。
シルクロードとは
かつて不正販売闇市を経営していたいわゆる闇サイトの一つ。運営者のロス・ウルブリヒトは2013年秋に逮捕され、その後サイトは閉鎖された。運営当時、取引にはビットコインが使用されていた。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

先週、わずか2日間でビットコイン価格は約15%急落しましたが、ネット上では、その周辺に、ある「クジラ」(=大量保有者)の存在が取り沙汰されています。

話題の主役は、2011年に遡るウォレットの保有者です。

この謎の人物は、最大で「111,114BTC」を保有しているとされ、時価総額は最大20億ドル(約2,239億円)に達します。

この大量保有者が、2018年6月末につけたBTCの年初来安値を受けて、保有するコインを精算しようとしていた――そんな噂が、2週間ほど前から米国の大手掲示板RedditやTwitterなどで、過熱気味に流れています。

そしてその「クジラ」の正体には、2014年に破綻した仮想通貨取引所「Mt.Gox」や、さらに時を遡ること2011年に逮捕された闇取引サイト「シルクロード」の創設者「海賊ロバート」の名が挙がっています。

クジラのアドレス

「クジラ」追跡で重要となるのが、ビットコイン・アドレスです。

そのアドレス1933phfhK3ZgFQNLGSDXvqCn32k2buXY8aは――もちろん他のアドレスも――取引を記録するブロックチェーンの分散化されている性質上、誰もが取引履歴を遡ることができます。

ブロックチェーン解析サービスを提供するChainalysisによると、このアドレスに目立った動きがあったのが8月23日から30日の間。

50回に及ぶ取引で、50,500ビットコインの移動がありました。

ブルームバーグの試算では、クジラが動き始める直前、8月22日の終値ベースでこのウォレットには3,200万ドル(約35.8億円)が眠っていたことになります。

「ネット探偵」達の見解は

Redditでは、一体誰が何を目的にしてこの「クジラ」を動かしたのかについて議論が白熱しています。

Chainalysisの上席アナリスト、Kim Grauer氏の観測によると、これまでに出ている主な仮説は以下の通りです。

  • ビットコインやコミュニティの破壊を企てる工作者。
  • 資産管理や保全の目的でビットコインの移動や現金化を行おうとした。
  • 当人以外には分からない、何か別の理由。
  • Chainalysisでは、マネー・ロンダリングの検出支援を目的としたソフトウェアを使って、ビットコイン・アドレスの関係を特定しました。

    その結果、今回注目されている一連の取引の約80%が、ある特定のアドレスを相手方としていることが判明しました。

    そのアドレスこそが、前出の1933phfhK3ZgFQNLGSDXvqCn32k2buXY8aです。

    「浮上と潜水」のサイクル

    このアドレスには、目を引く動きがありました。

  • 2014年に保有するビットコインの大半をさまざまなウォレットにばらまき、その後それらのビットコインを再び1つのウォレットに集約
  • その後は、しばらく少額の取引だけで落ち着く
  • 2017年に再度、大量のビットコインを売りに出す
  • 再び「クジラ」は水面下に潜る
  • 8月下旬の取引に至る
  • ビットコイン・コミュニティには、初期からのBTC保有者のウォレットを見守る慣習があります。

    代表的な例は、暗号通貨の発案者で未だ匿名のレジェンド的存在、「サトシ・ナカモト」のウォレットであり、今回のウォレットも、それなりの歴史を持つものです。

    「海賊ロバート」やMt. Goxと紐づける見方も

    Reddit、Twitterやその他の場で見られるネット探偵の中には、このウォレットを、悪名高きシルクロード(SilkRoad)の創始者「海賊ロバート」と結びつける者もいます。

    彼もまた、ビットコインの初期保有者の1人でした。

    他に名の挙げられている大物が、2014年春に破綻した取引所「Mt.Gox」です。

    先週1週間はビットコインの価値が急落しほか、大手取引所ShapeShiftが利用者の個人情報を集める決定を下したことや、ゴールドマン・サックスのビットコイン取引デスク開設中止報道を巡って、オンライン・コミュニティは過熱気味の様相を呈していました。

    Chainalysisの解析では、これらの動きと、「クジラ」のビットコイン大量放出が、厳密には同時期の出来事と呼べないことは明らかです。

    探偵の独自推理や思惑が飛び交うことはオンライン・コミュニティでは日常茶飯事ですが、クジラの動向には興味が未だ尽きていないと言えるでしょう。

    参考記事:Mystery of the $2 Billion Bitcoin Whale That Fueled a Selloff

    CoinPostの関連記事

    仮想通貨市場と3頭の「クジラ」|巨大金融機関参入の機運高まる
    先日、世界3大投資家のジョージ・ソロス氏や、世界的財閥であるロックフェラーやロスチャイルドが仮想通貨市場に参入する可能性が報道されました。彼らの経歴と、世界的投資家や財閥が仮想通貨業界に参入する可能性について考察します。
    クジラを追跡するBOT、約2ヶ月ぶりに215億円相当のビットコインの移動を確認|仮想通貨市況
    仮想通貨相場は13日、昨日の全面安の相場から反発し、ビットコインも6000ドル目前まで迫ったものの、すでに6500ドルまで値を戻しました。また、クジラをトラッキングするBOTで約2ヶ月ぶりに巨額のビットコインが送金されたことがトラッキングされた。

    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用