CoinPostで今最も読まれています

トークン化された米国債の需要が急増、仮想通貨投資家も参入

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

年初から4倍の規模に成長

米国債の高い利回りを背景に、トークン化された米国のマネー・マーケット・ファンド(MMF)が急成長している。米メディアCoinDeskによると、トークン化MMFの時価総額は、年初から4倍の約688億円(5億ドル)に迫る勢いだという。

MMFは、低リスクで流動性の高い短期国債などで運用され、元本の安全性と金利の安定性が高い投資信託。12日のブルームバーグの報道によると、米国のMMFの資産残高は2週連続で過去最高を更新し、総資産は約734兆円(5兆3,300億ドル)に達した。

相次ぐ米銀行の破綻による銀行預金に対する不安感や金利の低さを背景に、4~5%の金利を提供するMMFが多くの投資家を惹きつけているようだ。

そして、暗号資産(仮想通貨)投資家にアピールする投資オプションとして、次々にトークン化されたMMF商品が提供されており、同市場への多額の資金流入に繋がっている。

米国初のトークン化MMF

米大手資産運用会社フランクリン・テンプルトンは昨年4月、取引や持株の記録にステラ・ブロックチェーンを使用した、米国初の「オンチェーン米国政府マネー・ファンド」(FOBXX)を発表。その後1年で、このトークン化ファンドの運用資産額が371億円(2億7000万ドル)を突破した。

同社のデジタル資産責任者のロジャー・ベイストン氏は、ブロックチェーン技術が伝統的な金融商品の透明性を高め、運用コストを削減することで、投資運用業界を再編する可能性があると主張。「FOBXXのようなブロックチェーン上の資産は将来、他のデジタル資産エコシステムと相互運用できるようになるだろう」と述べた。

そして同社は4月末、FOBXXをイーサリアムのL2ブロックチェーンであるポリゴン上に展開を拡大。ポリゴンを介してイーサリアムでのサポートが可能になったと発表した。

ステーブルコインの投資先

機関投資家向けにブロックチェーン対応の投資商品/サービスを提供するOndo Financeは今年1月、米国の短期国債にのみ投資するトークン化ファンド「米国国債ファンド(OUSG)」を発表。利息を生まないステーブルコインの大量保有者(1,000億ドル超)に対し、「伝統的な資本市場」を利用しやすい商品としてアピールした。

投資家はステーブルコインもしくは米ドルを拠出することで、ファンドの所有権を表すトークンを受け取る。ファンドの所有権の変更は、トークンの譲渡により可能で、スマートコントラクトを利用して、投資家間で融資などの金融取引を行うこともできるという。Ondo Financeは分散型融資プラットフォームFlux Financeを開発し、OUSGを担保にしたステーブルコインの貸し借りを可能にした。

Ondoによると、4月の時点でOUSGの運用資産(AUM)は約96億円(7,000万ドル)超、Flux Financeの総預かり資産(TVL)は約55億円(4,000万ドル)を突破したという。(OUSGの担保2,700万ドルを含む)

さらにOndoは同月、米国政府MMFをトークン化した新たなファンド「OMMF」を発表。OMMFは、常に1ドルで営業日に発行・償還され、利息は毎日新たなトークンの形でOMMF保有者に配布される。そのため、ステーブルコインの代替手段として、決済や担保に利用されることを見込んでいるという。

資産の流入

大手資産運用会社フランクリン・テンプルトンやOndo Financeなどの「ブランド」がトークン化MMFを提供することで、「懐疑的に見られている資産に、信頼性をもたらしている」とDigital Asset ResearchのDoug Schwenk最高経営責任者は語る。

以下の企業もトークン化されたMMFを提供しており、同市場は多額の資金流入を経験しているようだ。

  • Matrixdock(SBTB):99億円(7200万ドル)
  • Backed Asset(bIB01): 6.3億円(460万ドル)、スイス拠点
  • OpenEden (利回りが発生するTBILLトークン発行):6.6億円(480万ドル)、シンガポール拠点
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/03 土曜日
17:00
サンドウィッチ攻撃とMEVとは?
暗号資産(仮想通貨)イーサリアム基盤の分散型取引所ユニスワップなどで猛威を振るい手数料高騰の要因となっているMEV。サンドウィッチ攻撃など、分散型取引市場の脅威について詳しく解説する
14:00
Uniswapの手数料分配案、合意に至らず
分散型取引所(DEX)Uniswapで、一定以上の取引量を処理する流動性プールに対し、手数料収益の分配先を変更し、コミュニティ全体に還元するという提案についての投票が終了した。
13:00
米Marathon、採掘ビットコイン量が前月比77%増加
ナスダック上場の米仮想通貨マイニング企業マラソン・デジタル・ホールディングスは最新の事業報告を発表。5月のビットコイン生産量はOrdinalsの台頭も背景に増加した。
12:00
米下院議員ら、仮想通貨規制を明確化する法案を発表
米下院の共和党幹部らは、ビットコインなど仮想通貨の規制に関する法律草案を発表した。証券とコモディティの区別など、仮想通貨規制の明確化を図る法案となる。
10:50
米コインベースデリバティブ、機関投資家向けにビットコイン等の先物取引を提供
米国のコインベースデリバティブエクスチェンジは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの先物取引を機関投資家向けに提供する計画を発表した。CMEによれば、22年は仮想通貨の先物・オプション取引の約33%が米国外で行われていたが、2023年には35%に上昇する傾向にある。
10:05
イーサリアム仮想マシン「Kakarot」、資金調達を完了
仮想通貨イーサリアムの仮想マシンKakarotを開発するプロジェクトは、プレシードラウンドの資金調達を完了。ヴィタリック・ブテリン氏や、L2プロジェクトStarkWareらが出資した。
08:40
米債務上限停止法案が大統領署名へ 米国株続伸
本日のNYダウは+701ドルと大幅に続伸。ナスダックも+139.7高で取引を終えた。米債務上限問題は法案が上院で可決されたことや強い雇用統計が好感された模様だ。
06/02 金曜日
15:59
札幌開催のWeb3カンファレンス「B Dash Crypto」、ピッチコンテストの結果は
Web3特化型カンファレンス「B Dash Crypto」が札幌で開催された。ピッチイベント「Crypto Arena」で優勝に輝いたのは、高速ブロックチェーンAptosとSuiで分散型取引所(DEX)アグリケーターとして機能する「Umi Protocol」だ。
13:13
オリーブオイル生産業者、DeFiプラットフォームでステーブルコイン建債券を発行
オリーブオイル生産業者ラマ・オリーブオイルは、分散型金融プラットフォーム「Obligate」を利用して、オンチェーン債券を発行した。この社債は、ユーロ連動のステーブルコイン「 EUROe」建で発行された。
13:02
米Circle社、USDCのアービトラムサポートを発表
ステーブルコイン「USD Coin(USDC)」を発行する米Circle社は、アービトラムのサポートを開始することを発表した。アービトラム上でUSDCが直接発行されることにより、裏付け資産の確保が約束され、いつでも1対1で米ドルと交換可能になる。
12:25
メイカーダオ、米国債への追加投資を検討
分散型金融プロジェクトの「MakerDAO」は、米国債への投資として新たに1,780億円の配分を目指す提案書の投票を開始したと発表した。0~6ヶ月間の各種満期を持つ米国短期国債の購入に充てられる目論みである。
11:45
Sui、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング」と提携
Sui Networkは、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング」の公式ブロックチェーンパートナーとして複数年契約を締結した。ファンとチームを結び付ける体験を支援していく。
10:25
米FRB、シルバーゲート銀行の清算に同意
米FRBは、米シルバーゲート・キャピタルとシルバーゲート銀行に対して、自主清算に同意する命令書を発表した。シルバーゲート銀行と仮想通貨業界のつながりについても指摘した。
09:35
ナイキ、米ゲーム大手EAと協業へ
Nikeとデジタルエンターテインメント企業EAは、新しいパートナーシップを締結。Web3プラットフォーム.SWOOSHのユーザーらの体験をカスタマイズできるようにしたり、向上させたりしていくという。
08:45
香港企業、米ドルステーブルコインをローンチへ
香港拠点のカストディ企業First Digitalは、仮想通貨の米ドルステーブルコインFDUSDをローンチすることを発表。FDUSDは、BNBスマートチェーンを基盤にするという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧