「仮想通貨及び先物取引の規制には『害のない』アプローチを」米国CFTC委員長が語る

先物取引には「害のないアプローチ」を――米CFTCジャンカルロ委員長が発言
米国CFTCのジャンカルロ委員長が9月14日、CNBCのインタビューで仮想通貨を含む商品先物取引についてコメント。いかに商品を損ねない形(「害のない」アプローチ)で規制を実施する必要があるかについて述べた。英国FCAが先に下した先物契約の認可を念頭に置いたと見られる。
米国商品先物取引委員会(CFTC)とは
米国内先物取引の許認可機関。商品取引所の上場商品や金利やデリバティブ全般を監督するほか、詐欺や市場操作などの不正行為を追及、市場参加者の保護を図る。米国商品先物取引委員会法に基き大統領直轄機関として1974年に設立された。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

発言の流れ

ジャンカルロ委員長はまず、世界の金融機関は10年前とは全く別の状況に置かれていると述べました。

ちょうど10年前、2008年9月15日のリーマン・ブラザーズの経営破綻に端を発する市場の崩壊と環境変化を念頭に置いたものです。

また、市場崩壊後とそれに続く不況の後に、財政見通しと諸規制がいかに変化したかについて述べました。

CFTCは、先物市場における仮想通貨の可能性をいち早く認め『コモディティ(商品)』と呼んだ米国規制当局の一つで、商品、先物取引、およびデリバティブ市場の監視を主要な任務とします。

ジャンカルロ委員長はまた、ビットコインの先物取引が米国内で短期間に許可されたことに言及し、「米国当局は仮想通貨をめぐる諸問題への対応が遅すぎる」という声に反論しました。

続けて「これまで(仮想通貨の)先物取引を許可した政府は米国以外にない」と強調しました。

英国では

今回のジャンカルロ委員長の発言は、英国の金融行動監視機構(FCA: Financial Conduct Authority)がBTC、ETH、LTC、BCH、XRPといった主要仮想通貨に対し、先物契約の枠組みを用意する意向を示したことを踏まえたものと見られます。

FCAの表明を受け、同国の仮想通貨取引所Crypto Facilitiesは次のようにツイートしています。

「当取引所はXBT/USDの永久先物取引を始めました。さらに、BCH/USD、ETH/USD、 XRP/USD、 LTC/USD、およびXRP/XBTの永久先物取引では世界初」

当局は「害のないアプローチ」を、国民はより慎重に

ジャンカルロ委員長は、国民が例えばインターネットのような商品を楽しんでいるのは、規制当局が「害のない」アプローチをとっているためだと力説、そしてこの「害のない」アプローチは、まさに当局が暗号通貨にも採用しているものだと強調しました。

さらに、ボラティリティ、詐欺、不正行為といった数々のリスクが取り巻く仮想通貨に対し、国民は十分に注意深くなる必要があるとし、次のように述べました。

「詐欺や不正行為には、当局は強く臨む必要がある。そして政策立案には、時間をかけ、熟考し、十分な情報提供に努める必要がある」

参考記事: Bitcoin [BTC] and other cryptos need to have regulations that do not harm them says US regulator

CoinPostの関連記事

英仮想通貨取引所が「永久先物取引」を発表|リップル、ビットコインキャッシュとのドル建てペアは世界初
英国に本社を置く仮想通貨先物専門取引所Crypto Facilitiesは永久先物取引を開始したと公式発表、アルトコインのドル建てペアは世界初となる。 ペアは6種類:XBT(ビットコイン)/USD、BCH/USD、ETH/USD、XRP/USD、LTC/USD、XRP/XBT
英規制局『仮想通貨のリスクを最小限に、革新は最大限に』
英規制局の集う年次会議にて、金融イノベーションをもたらす可能性を持つと言及。英政府が技術的イノベーションと消費者保護をどのように両立していくかがキーポイントとなる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加