CoinPostで今最も読まれています

米大統領候補ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏、大胆なビットコイン政策を発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインを非課税に

米大統領選の民主党候補ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏は19日、新たにビットコインを使った二つの改革を公約として掲げると発表した。その一つがビットコインのキャピタルゲイン税免除であり、もう一つがビットコインを含む「ハードカレンシー」で段階的に米ドルを裏付けるというものだ。

「Heal-the-Divide」(分断を癒そう)を掲げる政治活動委員会(PAC)のイベントにオンライン参加したケネディ氏は、「アメリカを暗号資産(仮想通貨)、特にビットコインの世界的なハブにすることがケネディ政権の使命だ」と語った。

同政権下では、ビットコインを米ドルへ換金する際にキャピタルゲイン税から免除するという。この政策には負の側面もあるが、ケネディ氏は以下の例を挙げ、国にもたらす恩恵はその欠点を遥かに凌駕すると主張した。

  • イノベーションと投資の促進
  • 国民のプライバシーの確保
  • ビジネス成長のインセンティブ
  • 優秀な技術系人材が米国に留まる動機付け
  • 政府が通貨を武器化することを困難に=言論の自由の確保

同氏は免税がもたらす好影響について、クリントン政権がEコマースを10年間免税対象とした政策を例に取り説明。当初は、金持ちなど一部の層だけを利することになるのではと大きな論争を引き起こした政策だったが、結果的には、多くの才能あるエンジニアを米国に惹きつけ、eBay、ペイパル、アマゾンなどの成功した企業が米国に留まり、シリコンバレーの繁栄を生み出すこととなったと指摘した。

米ドルと国債の裏付け

ケネディ氏の二つ目の政策は、米ドルおよび米国国債を「有限な」資産である金(ゴールド)、銀、プラチナ、ビットコインで裏付けるというものだ。同氏は、ビットコインは「最もハードな流動資産」だと主張する。

私の計画は、まずは非常に小さく、たとえば発行された短期国債の1%を、金、銀、プラチナ、またはビットコインなどのハードカレンシーで裏付けすることから始めることだ。そして結果次第では、その割合を年々増やしていく。

同氏は、インフレと短期国債の利回りの上昇が、アメリカ国民、特に低所得層を苦しめていると指摘。個人経営を支える地方銀行が、流動性を提供せずローンの貸し渋りをしているため、経営を諦めるケースを多く見てきたという。しかし、短期国債にビットコインなどで裏付けを与えることで金利上昇を抑え、流動性の提供を可能にするとの考えだ。

「皮肉なことに、ビットコインが米ドルを救う助けとなるだろう」とケネディ氏は主張する。

ケネディ氏は5月に開催されたビットコイン2023カンファレンスで、ビットコインへの揺るがない信頼と支持を表明。今回のスピーチでも、ケネディ政権がビットコインの普及と伝播を奨励することを約束するとともに、カンフェレンスでの公約(ビットコインの自己管理の権利、ブロックチェーンノード運営の権利、CBDCの阻止など)を繰り返した。

関連:米大統領候補、仮想通貨ビットコインの寄付金受け入れへ

陰謀論支持の批判

ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏は、1963年に暗殺されたジョン・F ・ケネディ(JFK)米大統領の甥にあたり、同政権で司法長官を務めたロバート・F・ケネディ氏を父に持つ。同氏も68年に暗殺されている。

政治エリート一族に生まれながらも、叔父と父を暗殺で失うという悲劇を経験したロバート・F・ケネディ・ジュニア氏は、大統領選への出馬表明までは、政治の世界からは一歩引いて、環境保護や子供の健康を守る活動に傾倒してきた。

JFK大統領の暗殺についてケネディ氏は、当事者でしか知り得ない未公開の情報に基づき、CIAの関与を主張している。また、幼少期のMMRワクチン接種が自閉症と関連していると長年警鐘を鳴らしてきた。さらに、これまで人体に使われたことのなかったmRNA技術を基盤とした新型コロナワクチンについても、その危険性を訴えてきた経緯がある。

このような、一般に受け入れられている説とは異なるケネディ氏の主張は、主流メディアからは「陰謀論」として批判されることが多い。

直近では、米ホワイトハウスが、ケネディ氏が新型コロナウイルス感染症(Covid19)に対してユダヤ人と中国人に「最も免疫がある」と不当な主張を行ったとして批判。反ユダヤ主義や人種に対する偏見を煽るものだと指摘した。

このような批判に対し、ケネディ氏はホワイトハウスが言及したニューヨーク・ポストの記事は、間違っていると反論。実際には、「米国や他の政府が民族を標的にした生物兵器を開発している」ことと、「COVID-19ウイルスの2021年の研究では、COVID-19は特定の人種に不釣り合いに影響を及ぼすようである」という説を、研究論文から引用して、指摘しただけだと主張。ニューヨーク・ポストに対し記事を撤回し、記事を執筆したレヴィン・ジョナサン氏に謝罪するよう求めている。

また、この件に関して当事者であるユダヤ人コミュニティからは、同氏の発言に対する理解を得られているとツイートした。

ユダヤ人コミュニティからの支援に感謝している。彼らは私が反ユダヤ主義者でないことを知っている。本当の反ユダヤ主義はたくさんある。間違った非難でこの言葉の品位を落とさないでほしい。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧