CoinPostで今最も読まれています

ユニセフが人道支援活動への寄付に仮想通貨を受付開始

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ユニセフのフランス事務局が仮想通貨による寄付を受付開始
ユニセフのフランス事務局は、今回9つの仮想通貨による寄付を受付開始した。ユニセフは既に複数の仮想通貨関連事業を立ち上げており、それに続くもの。寄付支援者は直接的に仮想通貨を寄付できるほか、自身のPCが持つコンピューティング能力をマイニングに貸し出すことで間接的な寄付を行うことも可能。
マイニングとは
仮想通貨の取引記録をブロックチェーンに追記する際、膨大な計算が必要となる。 世界中の有志からコンピューターリソースを募って「共有・追記」を行なっているが、この追記に成功した場合、マイナー(採掘者)に対して報酬が支払われる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ユニセフのフランス事務局が仮想通貨による寄付の受付を開始

ユニセフは、フランスにおいて仮想通貨による寄付を受付開始すると発表しました

フランスの現地事務局では、 Bitcoin Cash(BCH)・Bitcoin Core(BTC)・Ethereum(ETH)・Litecoin(LTC)・Ripple(XRP)・EOS(EOS)・Monero(XMR)・Dash(DASH)・Stellar(XLM) の9つの仮想通貨による寄付を受け付けます。

フランス事務局のウェブサイトから直接寄付することが可能となっています。

Ripple、EOS、Stellarを除く6つの仮想通貨においては、 直接的な寄付に加え、パソコンのコンピューティング能力を一部貸し出すという形で「実質無料」の寄付を行うことも可能です。

支援者の貸したコンピューティング能力は仮想通貨のマイニングに使われ、フランス事務局の口座へ直接振り込まれます。

仮想通貨の活用で新タイプの支援者獲得を狙う

仮想通貨の活用により、ユニセフは新しいタイプの支援者を開拓できると考えているようです。

ユニセフのフランス事務局代表であるSebastien Lyon氏(以下Lyon氏)は、以下のようにコメントしています。

「仮想通貨とブロックチェーン技術をチャリティーの目的に活用することにより、 人々の寛大な心に訴えかける新たな機会を得られ、通じて子供たちへの支援事業発展に寄与するものと考えています。」

ユニセフ事務局は、仮想通貨とその関連技術が、人道支援を目的とする寄付活動にイノベーションをもたらものの、 まだ活用している組織は数少ないと指摘しています。

同時にLyon氏は、仮想通貨による寄付活動の拡大がもたらすポジティブな側面もあると説明しました。

ユニセフによる実験的な取り組み

この取り組みの前にも、ユニセフは幾つかの仮想通貨関連事業を行っており、 今年二月にはシリア内戦に巻き込まれた子供たちの保護資金を集める仮想通貨キャンペーンが行われました。

コンピューターゲームのプレイヤーを対象とした、この「Game Changers」キャンペーンは、 寄付参加者が特殊なマイニングソフトウェアを各自でダウンロードし、 自身のパソコンのコンピューティング能力を使ってEthereumをマイニングするというものでした。

五月にも、ユニセフのオーストラリア事務局が「The Hopepage」という専用ウェブサイトを立ち上げ、類似の取り組みを開始しています。

専用ウェブページを開き、自身のコンピューティング能力をシェアすると許諾するだけで、仮想通貨を寄付できるものです。

参加者は、普段通りネットサーフィンを楽しみながら寄付を行うことができます。

ただし、こういった取り組みは、クレイモアなど脅威的なマルウェアの仕組みを活用しているため、議論を呼びました。

しかし、オーストラリア事務局では、ウェブページ訪問者に意思確認を取ったうえでのマイニングを行っており、 寄付参加者は自分のパソコンが持つコンピューティング能力を何割貸し出すか設定したり、 自分が幾ら寄付できたのか確認したりすることも可能です。

現時点では、このプラットフォームを通して、二万人以上の人々がマイニングに参加し、仮想通貨を寄付しているとのことです。

CoinPostの関連記事

ユニセフ:ユーザーのCPU処理能力寄付を集め仮想通貨マイニング基金実施
オーストラリアユニセフは、バングラディシュの子供達を支援するため、The Hope Pageというサイトを開設しました。ユーザー達がそれぞれのCPUで仮想通貨マイニングが行われ、そのマイニングで得た仮想通貨が子供達への基金として使用されます。
ユニセフが世界中の子供の支援を目指すブロックチェーン企業への出資を検討
ユニセフが、世界中の子供たちへの支援となるようなビジョンをもつブロックチェーンスタートアップに対し、寄付型の出資を検討しています。なお、出資は金銭面に限らず、技術面でも支援が検討されています。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/19 水曜日
19:07
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア