全面安相場の中でショート比率が急減少、短期的な上昇を推測する「ある見方」が海外で話題に|仮想通貨市況

仮想通貨市場
仮想通貨市場は、先日までアルト市場を牽引したXRPが−15%、50円を切る急下落を記録したことで、市場が一時的に冷え込み全面安相場に。しかしBitfinexのショート比率が急減少し、短期的な上値目線が強まっている傾向も見受けられる。

仮想通貨市場

仮想通貨市場は25日、ビットコインが−2.8%と下落を記録している他、先日までアルト市場を牽引したXRPが−15%、50円を切る急下落を記録したことで、市場が一時的に冷え込み全面安相場となりました。

出典:TradingView

ビットコインは、下落こそしているものの、直近数ヶ月上値を切り下げて推移、6000ドル付近のサポートラインで反発する値動きを継続しており、未だその価格推移を脱していません。

価格変動率(ボラティリティ)をインデックスで表記するbuybitcoinworldwide.comが提供 する指数は、年初から継続的な減少を記録、現在最低値まで減少しつつある良い傾向が見受けられるものの、上値を切り下げて推移したことも要因の1つと考えられ、今後そのライン抜けが起こったあとの推移により注目が集まっています。

出典:buybitcoinworldwide.com

また、ビットコイン価格は下落に転じているものの、ロングとショート比率の一つの指標となる、海外取引所Bitfinexのショート比率が急激に減少、直近に記録した38000BTCから27000BTCまで大きくショートポジションが減少しました。

出典:TradingView

この意味として、単純に上昇目線の人が増えている傾向が示唆、特に価格が減少に転じている中でショート比率が減少していることはかなり評価できる点と言えます。

また、状況的にも上値の切り下げの終着点も近づいていることがチャートから推測され、このタイミングでの上昇目線が増えている傾向は、ビットコイン相場、また仮想通貨相場にとってプラスに捉えられることだと言えます。

また、海外のインフレンサーを中心に話題になっている価格推移があります。

出典:TradingView

上記の図でわかる様に、直近のビットコイン価格の値動きとかなり類似している点が多く、本日ビットコインが急下落した後反転していることをみると、ここから一時的に価格を戻すとの見方が強まっています。

この値動きから、1BTC=6900ドル(778,000円)付近まで一時的に値を戻すのではないかとの推測も合わせて取り上げられ、海外での話題性からも一つの注目材料としてみることも面白いかもしれません。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

本日は、セレス(3696)が6.01%高。継続的に買われて右肩上がりのチャートを描いています。

同社は、日本の大手取引所がハッキング事件などで凋落していることで、使い勝手の良さなどから相対的に業務資本提携を締結している仮想通貨取引所「bitbank」が人気再燃。

世界一の取引高となることもある、リップル(XRP)の高騰も追い風となっているほか、コインチェックの株式売却時の契約である「アーンアウト条項(レベニューシェア)」で潤沢な利益を得られる可能性もあり、業績への寄与が期待されています。

また、仮想通貨イーサリアムを使用したdApps英雄戦争ゲーム「クリプトヒーローズ」のプレセールが売り上げ好調なこともあり、親会社のDLE(3686)が4.75%高と反発。

同社は、2018年9月30日に予定していた定時株主総会を延期すると発表、財務諸表上の会計に懸念があるとの指摘により、第三者委員会を設置し、検証しているが、これに伴い株価が暴落していました。

CoinPostの関連記事

dApps英雄戦争ゲーム『マイクリプトヒーローズ』で先行販売開始:アドバイザーにモンストの岡本吉起氏
歴史上の英雄達を集めて戦争する、日本最注目dAppsゲーム「マイクリプトヒーローズ」のプレセールが本日スタート。仮想通貨イーサリアムを使用し、ゲーム内資産の売買や領地収益などで利益を獲得することができる。
仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加