CoinPostで今最も読まれています

IBM、「デジタルユーロ」普及のための鍵を考察

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

デジタルユーロを成功させるための提案

IBMコンサルティングは8月30日、欧州連合(EU)の中央銀行デジタル通貨(CBDC)として構想されているデジタルユーロについての考察を発表した。デジタルユーロを成功に導く方法を分析している。

IBMコンサルティングは、主に次の5つを成功要因として挙げた。

  1. 既存の決済レールを土台に機能強化
  2. 規制枠組みPSD2をデジタルユーロAPIで拡張
  3. 少額近接決済で強力なプライバシー保護を提供
  4. トークン化経済などを実現するため、中央管理型の分散型台帳を導入
  5. サンドボックス制度内で、最少額からシステムを構築

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

提案の詳細

まず、デジタルユーロが社会で受け入れられるかどうかは、コストや技術などの問題に加えて、操作のシンプルさや、すでに存在している決済手段と使い勝手や操作性が似ているかどうかにも大きく左右されると論じている。

そこで、既存の決済システムやそうしたシステムの標準から利益を引き出しつつ、必要な場合には機能強化を図ることが望まれるとする形だ。なお、すでに欧州委員会(EC)も、こうした提案を行っている。

次に、規制枠組みPSD2を活用することについて言及した。PSD2(Payment Services Directive 2)とは、EUにおける決済サービスと電子マネーに関する規制枠組みで、サードパーティの決済プロバイダーが、ユーザーの銀行口座へアクセスすることやセキュリティ基準向上などを定めているものだ。

IBMコンサルティングは、フィンテック企業やその他様々なサードパーティ企業などが、デジタルユーロをサポートすることが、デジタルユーロを普及させる鍵になると意見している。

その上で、PSD2のルールを、デジタルユーロに特化した標準インターフェースでセキュリティ機能などの面で強化することを提案した。

3番目の提案としては、スマホをタッチするなどして行う「近接決済」について、強力なプライバシー保護を設定することにより、デジタルユーロをより普及させることが期待できるとしている。

4番目には中央管理型の分散型台帳を導入することを挙げた。

デジタルユーロにおいては、デジタルのシステムや仮想世界、トークン化経済との相互運用性も重要になると指摘。そのためには、分散型台帳技術(DLT)は、強力なプライバシー保護機能を実現するゼロ知識証明と組み合わせることが可能である点などが有望だとしている。

ゼロ知識証明とは

証明(Proof)プロトコルの一種であり、証明者が「自身の主張は真実である」以外の情報を検証者に開示することなく、その主張が「真実である」と証明するメカニズム。例えば、送金者、受取人、送金額などの取引内容を第三者に明かすことなく、その取引が不正でないことを証明することができる。

▶️仮想通貨用語集

IBMコンサルティングは最後に、デジタルユーロのシステム構築においては、文化の異なるEU諸国における多数のユーザー、既存の仲介業者、次世代決済インフラの準備、関連する規制枠組みなど様々な要素が複雑に絡まると述べた。

このため、まずは最小限で実行可能な範囲から試すのが一番であるとしている。特定の範囲で規制緩和してテストを行うサンドボックス制度などを立ち上げることも選択肢の一つとした。

なお、欧州中央銀行(ECB)のクリスティーヌ・ラガルド総裁は6月、今年10月末までに、デジタルユーロ創設について決定を下す予定だと発言している。

関連欧州中銀、デジタルユーロの法案を協議へ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア