CoinPostで今最も読まれています

CoinEX不正流出事件、被害者補償など発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinEx事件の続報

2023年9月12日、暗号資産(仮想通貨)取引所CoinExのホットウォレットからイーサリアム(ETH)、トロン(TRON)、ポリゴン(MATIC)などの暗号資産が不正流出した。

12億円相当の約5000ETHが不審な外部アドレスに送信され、ハッキングの可能性が疑われた。

オンラインから物理的に引き離したコールドウォレットとは異なり、ホットウォレットはハッキングに対する脆弱性もあり、過去にも大手暗号資産取引所のハッキング事件および暗号資産(仮想通貨)の盗難は、世界各国で多発していた。

この件についてCoinExチームは、CoinExのリスクコントロールシステムが、資産保管に利用される複数のホットウォレットアドレスからの異常な引き出しを検知。「特別調査チーム」を結成してインシデントの詳細について調査するとともに、被害を受けた顧客の損失について、被害額の100%を補償すると発表した。

CoinExは、根本的な原因としてホットウォレットに関連する秘密鍵の漏洩を予備的に特定し、より詳細な調査は継続中としている。

また、凍結中のCoinExからの資金引き出しについては検証の上で安全が確認され次第、引き出しが再開される。

211のブロックチェーンと737のデジタルアセット内のアクティビティを処理するため、新しく堅牢なウォレットシステムの構築と展開に集中しているという。

CoinExのHaipo Yang CEOは、X(旧Twitter)で、影響を受けた顧客に対して謝罪するとともに、全額補償と今後の計画についてアナウンスを行った。

CoinExは今回の件を深い教訓とし、問題解決後はセキュリティアーキテクチャを大幅にアップグレードし、今まで以上にセキュリティ対策に多額の資金と人材を投入することを表明した。

ハッカーのウォレットアドレス

また、CoinExのセキュリティチームは盗難された資金について、現時点で判明しているハッカーのウォレットアドレスを開示し、関連するプロジェクトチームや暗号資産(仮想通貨)取引所に対して、疑わしいアドレスを監視・凍結するよう要請している。

CoinExが開示したハッカーと思しきウォレットアドレスは次の通り。

BTC

1BHNb9UJy4cWFB5wywZkTVgoNB4JbFmswH

ETH

0xce013682eddefaca8c94fe56a43a04212ebe4673

0x8bf8cd7F001D0584F98F53a3d82eD0bA498cC3dE

0xCC1AE485b617c59a7c577C02cd07078a2bcCE454

0x483D88278Cbc0C9105c4807d558E06782AEFf584

0x2118e4432d668aCFa347ddBA0efCcc6BB04DB297

0x1A61Df134d766f1e240FBFAEe79bBeCC04195f62

0x40cBe7580168d52b7FEC884120B31115c3F7E37E

TRON

TP75t6owoqXxskLq6FB2R37PymNTmohq9L

TPFUjxQzG88Vwynrpj2W61ZAkQ9W2QYgAQ

XRP

rpQxVcjVF2fC23r3xKyJS53jw8d5SRhZQf

SOL

G3udanrxk8stVe8Se2zXmJ3QwU8GSFJMn28mTfn8t1kq

BSC

0x6953704e753C6FD70Eb6B083313089e4FC258A20

KDA

k:a9f3672d7ad7a1e4592702d73b220cbc61db1fa17f89a56131d965bc03959913

BCH

qrgxyhj8rzl4l7fgauu6q6vtu2grct4jeyrnaq2s75

XDAG

15VY3MadZvLpXhjzFXwCUmtZcHszju6L9

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア