CoinPostで今最も読まれています

「サム被告の富と権力は、嘘の上に築かれた砂上の楼閣」検察が主張、FTX前CEO裁判

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

双方が冒頭陳述

2日目を迎えた米大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOに対する裁判で4日、検察と弁護団が冒頭陳述を行い、それぞれ大きく異なる主張を展開した。

前日完了しなかった陪審員の選出が終了すると、検察側から冒頭陳述を行った。

ルイス・カプラン判事が「映画の予告編のようなもの」と形容する冒頭陳述で、検察側はまず、「1年前、世界の頂点にいるように見えた」バンクマン=フリード被告の富と権力、そして影響力は「嘘の上に築かれていた」と指摘。同被告が大規模な詐欺を働き、多数の被害者から巨額の資金を巻き上げたと主張した。

対する弁護側は、被告は「誰も騙しておらず、誠実に行動した」と主張。スタートアップとしてのFTXと姉妹企業アラメダ・リサーチの運営を「飛行機を組み立てながら飛行させるようなもの」にたとえ、CEOが全てに目を行き届かせることの困難さを強調した。

検察は、バンクマン=フリード被告が故意に、FTXの顧客資金を「秘密のルート」を通じて、アラメダ・リサーチへ不正に流用したと主張。そのやり口を次のように説明した。

  1. 顧客がFTXに米ドルを入金する際には、自身の口座に入金していると告げる
  2. 一方、顧客資金はFTXではなく、アラメダにリンクされた口座に入金される

検察は、被告が銀行に「嘘をついて」アラメダの銀行口座を開設し、顧客にも嘘をついていたと非難した。

さらに、顧客のデジタルウォレットには、アラメダが引き出すことが可能なソフトウェアのコードが書き込まれ、顧客の保有する仮想通貨に被告らがアクセスし、その流用を可能にしていたという。

弁護側は、FTXとアラミダには「ビジネス関係」があったが、極めて「合理的」なものであり、アラメダがFTXに口座をもち、FTXから多額の融資を受けていたことは「全く問題ない」と主張した。また、FTXは当初、ドルを受け入れる銀行口座を持っていなかったため、アラメダの口座を使用したと説明した。

検察は、バンクマン=フリード被告が顧客資金を自身の投資に注ぎ込み、ワシントンDCでは巨額の政治献金を行ったと指摘。その後、被告はアラメダのローン返済に、FTXからさらに顧客資金を引き出し、虚偽の財務諸表の作成を指示したと述べた。

しかし、被告は、米国議会でFTXは顧客資金を流用していないと証言。ツイッター(現X)でも「FTXとその資金に問題はない」と繰り返し述べていた。しかし、それは虚偽であり、恋愛関係にあったアラメダの前CEOキャロライン・エリソン被告を含むごく一部の側近とだけ、事実を共有し「より多くの資金を得るために嘘をつき続けた」と検察は主張している。

弁護側は、「誠実な信念を持った」被告によって、盗みは行われておらず、「壮大な詐欺計画もなかった」と主張。2022年の5月から11月にかけて、仮想通貨市場を「嵐が襲った」ため、アラメダは大きな損失を出したが、アラメダのCEOに就任したエリソン被告が、大幅な価格変動に対するヘッジ対策を行なっていなかったことを非難した。

関連:FTXサム前CEO 初公判始まる

二人の証人

同日の審議では、二人の証人が証言を行った。

一人は、バンクマン=フリード被告のマサチューセッツ工科大学(MIT)時代からの長年の友人で、FTXでソフトウェア開発をおこなっていたアダム・イェディディア氏。同氏は2021年にFTXに復帰し、同年10月から2022年11月の初めまで、被告と8人の従業員と共に、バハマのペントハウスで過ごした人物だ。

イェディディア氏は、FTX破綻直前に、アラメダがローン返済にFTXの顧客資金を利用したことを知り、辞任。被告に会ったのはそれが最後だと述べた。同氏は、自身が作成したコードが、不正な顧客資金の流用などに寄与した可能性を懸念して、自身の意志で証言を行うことにしたという。なお、同氏は政府から訴追免責を付与されている。

イェディディア氏は、バンクマン=フリード被告と幹部らが、顧客にはFTXの口座は安全で、いつでも預金を引き出すことができると繰り返し約束する一方で、顧客の同意なしに、その使途を明かすことなく、顧客資金を流用していたと証言した。

もう一人の証言は、コモディティトレーダーのマーク・ジュリアード氏でFTXで仮想通貨の取引をおこなっていたユーザーの一人。ジュリアード氏は、「仮想通貨業界のリーダーという印象」を持ったバンクマン=フリード被告を信頼し、FTXで多額の取引を行なっていたが、FTXに預けてある約1億8,000万円(10万GBP)を回収できていないという。

FTXからの資金の引き出し問題が浮上した際には、出金処理は順調であるというバンクマン=フリード被告のツイッターの投稿を信じ、2022年11月8日まで資金を引き出さなかったと証言した。

仮想通貨のリスクは理解していたが、自身の資金を取引所によって流用される「契約」は結んでいないと述べた。

次なる証人

公判3日目となる5日には、米VC大手セコイアの元パートナーであるマット・フアン氏と、FTXの共同創設者である、ゲイリー・ワン氏が証言台に立つ予定だ。

昨年12月に起訴されたワン氏はすでに刑事責任を認め、検察当局に協力することに合意している。

関連テスラ・仮想通貨関連銘全面高、予想以下の米指標で国債利回り低下|5日金融短観

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア