CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン前週末にかけて3万ドル水準まで上昇、ソラナは前週比20%高

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前週末20日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比286.8ドル(0.86%)安、ナスダック指数は202.3ポイント(1.53%)安で取引を終えた。

中東情勢の悪化を警戒した売りが先行した。原油価格が1バレル=100ドルを超えるなど中東の供給が脅かされることや、10年米国債利回りが2007年以来の15年ぶり水準となる一時5.0%に達したことなどが相場の重石となっている。

関連:ビットコイン一時3万ドル到達 ソラナ大幅高、米国株続落|21日金融短観

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は前日比1.3%%高の1BTC=30,289ドルに。

BTC/USD週足

前週比では5.2%高、前月比では12.9%高。下値を切り上げ堅調に推移しており、テクニカル的に強い動きが確認される。200週移動平均線の28,397ドルも上抜け、ビットコイン現物ETF承認のフェイクニュースで付けた16日の上髭も回収した。

関連:三役好転のビットコイン、テクニカル的には強い地合いへ|bitbankアナリスト寄稿

市場占有率を示すBTCドミナンスは、21年4月以来の最高値となる52.7%まで上昇した。

コモディティ市場では、中東を中心とする地政学的リスクのほか、インフレの高止まりや世界経済の不確実性、米財政を巡る懸念などの課題を踏まえ、金(ゴールド)価格が高騰している。以前まで相関関係にあった米主要株指数が下落しているにも関わらず、ここのところはビットコイン(BTC)も上昇基調にある。

この点についてTheStreetCryptoのGeorge Tung氏は、「FRB(米連邦準備制度)が利上げ局面の長期化を示唆し、米国の債務が急速に拡大するなど金融マーケットの混乱を招いていることを受け、ビットコインもインフレヘッジの避難先の一つとして見られている」と述べた。

また、暗号資産(仮想通貨)業界への締め付けを強めていた米SEC(証券取引委員会)がグレースケールの投資ファンド「GBTC」のビットコインETF(上場投資信託)転換を巡る裁判やリップル裁判でいずれも劣勢に立たされていること、最大手資産運用会社ブラックロックなどが申請するビットコインETFの承認期待が過去最大級に高まっていること、翌年に4年に1度の「半減期」を控えることもビットコイン相場を後押しした。

金融大手のJPモルガンは、ビットコインETF(上場投資信託)は、早ければ数ヶ月以内に承認される見通しと予想している。

関連:JPモルガン強気予測「ビットコインETFの承認は来年1月まで」 グレースケールやブラックロックに新たな動き

一方、アナリストのAli氏は、日足チャートでヘッドアンドショルダー(三尊天井)形成される可能性が残されていることに言及、今後の値動きについては慎重な見方を示した。

相場の過熱感を示すRSIは74.2の高水準に達しているほか、TDシーケンシャルインジケーターで売りシグナルが点灯する兆しがあることを指摘。「日足終値が31,560ドル水準を超えてトレンド転換を明確にしない限り、いつ調整が入ってもおかしくはない」としている。

ブルームバーグのエコノミストは、「中東情勢の悪化で原油価格が1バレル当たり150ドルまで急騰すれば、世界経済の成長率が1.7%に低下する可能性がある」と予測している。これは、世界の生産高を1兆ドル減らす不況に陥る可能性を示唆するものだ。

紛争がレバノンやシリアなどの近隣諸国まで波及し、イスラエルとイランの代理戦争の様相を呈した場合は株式市場の低迷につながり、暗号資産(仮想通貨)市場も追従する恐れがある。

関連:上場投資信託「ビットコインETF」とは|ブラックロックの申請が注目される理由

アルトコイン相場

時価総額8位のソラナ(SOL)が前週比20.3%高(前月比48%高)と大幅上昇した。

Raoul Pal氏は、ヘッドアンドショルダーズボトム(逆三尊)をブレイクアウトすれば一段高が見込めるとしている。

ソラナを取り巻く環境は波瀾万丈であり、主要支援者として知られた大手暗号資産取引所FTX及びアラメダ・リサーチが昨年11月に破綻し、一時はブロックチェーンの存続自体が危ぶまれた。

その後、今年8月には米破産裁判所がFTXの保有する暗号資産(仮想通貨)の清算に関する許可を与えており、売り圧力懸念も台頭した。

しかし、ソラナの開発は継続して行われておりDeFiプロトコルへの預け入れ総額を示す「Total Value Locked(TVL)」は年初来高値を記録した。アジア地域からの需要が牽引している可能性も指摘される。

ブロックチェーンの次世代バリデータークライアントのSolana2.0 Firedancerを巡る思惑もあるようだ。Firedancerクライアントは、C++ プログラミング言語基盤で、ネットワークのスループット(処理能力)、攻撃や障害に対するレジリエンス(回復力)、効率性の向上、および分散化促進を目指す。

また、10月30日~11月3日にかけて、オランダの首都アムステルダムで大型カンファレンス「Solana Breakpoint 2023」が開催される。昨年はGoogle CloudやMeta(旧Facebook)とのパートナー締結やWeb3スマートフォンの「Solana Saga Phone」が発表され材料視された。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア