CoinPostで今最も読まれています

XRP(リップル)価格を支える3つの変化、SWELL前後の買い場も考察|仮想通貨市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場
仮想通貨市場は10月1日、ビットコインを中心に大きく値が動くことはなかったが、日本時間2日未明に大型カンファレンスSWELLを控えるXRP(リップル)は、未だ値動きに強さが見られる。

仮想通貨市場

仮想通貨市場は10月1日、ビットコインを中心に大きく値が動くことはなく、1日を通して全体的に落ち着いた相場となった。

そのような相場の中で、世界から注目されているのは、日本時間2日未明に大型カンファレンスSWELL を控えるXRP(リップル)だろう。

9月中旬に急騰を記録したXRPは、ポロニエックスなどの取引所アクセスがひとつの要因となり、大きな反落こそ一度あったものの、暴騰前の30円付近から2倍となる高値圏で推移しており、未に強い値動きを維持している。

特にSWELLはかなり前から事前告知されていたことから、相場自体には織り込み済みであると考えられることから、大きなファンダメンタルズ要因となるSWELLの前で、売られることや大きな売り圧力が予想されたが、昨日10%高を記録した他、開催まで数時間に迫る日本時間21時時点でも4%安で留まる強さを見せている。

まだ開催前であることから、安心感こそないものの、ここ1ヶ月でXRPを取り巻く状況は大きく変化が生じ、値動き以外にプラスの変化は複数みられ(下記参照)、カンファレンスで事実売りなどで下落した場合も、長期的に見るとXRPにとって重要な期間になったと言える。

XRPを取り巻く状況の変化

ここ数ヶ月で大きく変化した点は、以下の3点となる。

1.出来高の急増

2.ビットコインに連動性が見られるアルトの中で単独の推移

3.時価総額2位の攻防

出来高の急増:最大25倍弱まで急増

今回生じた変化の中で最も重要な動きとなったのは、出来高の急増となるだろう。

出典:CoinMarketCap

CoinMarketCap上のデータでは、急騰前に24時間出来高2億USD付近を推移していたXRPは、10月1日には14.5億USDと7倍以上にまで膨れ上がっている。

驚くことに最も急騰した9月22日には49億USDと、25倍弱まで上昇するなど、価格の推移以上に出来高に大きな変化が生じている。

出来高は、価格を上昇させるための最も重要な指標と言われるほど、相場において重要であり、この高い出来高が数週間維持している状況は、XRPにとって最も大きな変化と言える。

この出来高の伸び悩みはビットコインの大きな問題の一つになっており、未だ解消していないことを考えてもプラスの材料となる。

ビットコインに連動性が見られるアルトの中で単独の推移

2つ目の変化点はビットコインの値動きに左右されない値動きにある。

ビットコインを中心に相場が形成される仮想通貨市場において、多くのアルトコインの対フィアットの値動きは、ビットコインにかなり左右される値動きを形成するが、急騰後のXRPは特に独自の市場を形成している。

この背景には、BTCペア以外の取引の増加があると考えられ、10月1日の取引ペアの量を可視化したCoinlib のデータでは以下のようになっている。

出典:Coinlib

このデータでは、取引高順に、テザー(317M USD)、韓国ウォン(189M USD)、ビットコイン(184M USD)、日本円(122M USD)となっており、他のアルトコインがビットコインペアが高い取引高を維持する一方で、XRPは日本円と韓国ウォンの取引が強く、相対的にビットコインの取引ペアの比率が小さくなっている。

これは、独自相場を形成する上で重要なだけでなく、現在ファンダメンタルズ要因が期待されているSWELLを前に、材料に反応するいい土壌が形成されていると言える。

時価総額2位の攻防

XRPは、ビットコインに継ぐ2位の座をイーサリアムと争っている状況にある。

出典:CoinMarketCap

現在のXRP相場の一つの材料として、このドミナンスの推移はかなり重要になってきているのではないかと思えるほど、イーサリアムとXRPで均衡するドミナンス推移を維持しており、2位の座を2つの通貨で行ったり来たりしている。

ここで値が動きと、時価総額2位の座がどちらか一方にうつる可能性があり、時価総額も一つの材料として追っていく必要があるだろう。

直近:リップル(XRP)材料一覧

日時 内容
9/2 今年5月に新会社Coilを設立した、Ripple社の元CTOステファン・トーマス氏は、XRPをインターネット企業が(法定通貨のように)決済用通貨・収益にする主要技術である「Interledger」のクローズドベータ版を開始したと発表した。

(詳細)

9/27 中央アメリカの国ベリーズにある正規登録のFX仲介業者「FX Choice」は、XRPによる外貨為替売買を可能とすると発表。ほかにもXRPレッジャーの高速決済を重宝し、XRPを基軸通貨とした取引を行うFX取引所はForex.comやNordFXだとされる。

(詳細)

9/30 Ripple社が米連邦政府に仮想通貨の教育・理解・インフラ整備を求める業界団体SAIVを新たに設立したと発表し、同団体はロビー活動にかかる報酬の一部をXRPで支払う予定。

(詳細)

XRPのチャートは?

先週、XRP(XRP)の日足で見た場合の中長期チャート分析では、大幅な価格上昇を経て、年末にかけて価格をさらにあげる可能性が十分にあるといえる状況にある。

現在は米ドル建で45〜55セント(51円から62円)のサポートライン(黄色枠)を割らずに維持していることが今後の上昇に対して重要な意味を持ち、9月22日以降から続く推移が、フィボナッチリトレースメントに沿って継続する場合、年末には1ドル(約114円)を超えるてくる可能性も十分に考えることができるだろう。

9月24日の最高値を更新し、昨日の約10%高をつけたXRPは、現在こそヨコヨコな動きを見せているものの、明日10月2日未明にSWELLを控えた前日の動きは非常に注目したいところだ。

ダブルボトムをつけて大きく反発していることで底値をうった可能性は高いと考えられるが、SWELL開幕による事実売りによる売り圧がある可能性も考えて、相場を見ながらポジションを持つことをお勧めする。

これらを踏まえ、今からXRPのポジションを持つ場合は、明日以降のカンファレンスによる相場の動向を見つつ、下落した場合は、黄色の枠付近が買い場となるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

リップル最重要カンファレンス『SWELL 2018』特集|仮想通貨XRP価格への影響は
仮想通貨リップル(XRP)をテーマにした世界最大級のカンファレンス「SWELL 2018」。元米大統領のビルクリントン氏や、サウジアラビアやブラジルの中央銀行責任者が登壇することで、ビットコイン市場や株式市場からも高い関心を集めている。
bitbankが注文殺到時の新ルール発表|SWELLを控える仮想通貨XRP(リップル)への対応か
仮想通貨取引所bitbankは、公式ブログにて「注文逼迫時(行き詰まって余裕のなくなる状態)における新規取引ルールの導入」を発表、同プラットフォーム内で出来高が急増しているXRP/JPYのマーケットの状況を挙げ、今後の対応を説明した。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/04 日曜日
12:00
「老後2000万円」問題とは、日本政府が投資をすすめる理由
「老後に2000万円が不足する」というフレーズを目にして、自分の将来や退職後の資金不足に漠然とした危機感を抱いている方が増えています。そこで、「老後2000万円問題」から現状の金融の問題を紐解き、ひいては投資の必要性についても詳しく検討していきましょう。
11:30
ビットコインは中期レンジ下限の1.76万ドル周辺に注目|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、底堅く推移した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|バイナンスの日本進出に注目集まる
今週は、仮想通貨取引所バイナンスの日本進出に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、バイナンスの通貨ペア廃止や、BlockFiの破産申請など、一週間分の情報をお届けする。
09:00
メタマスク共同創設者、「アップル税」に反対表明
仮想通貨ウォレット「MetaMask」の共同創業者は、30%のアプリ内購入手数料を強制するアップル社App Storeのポリシーを「独占の乱用」と批判した。
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧