CoinPostで今最も読まれています

XRP(リップル)価格を支える3つの変化、SWELL前後の買い場も考察|仮想通貨市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場
仮想通貨市場は10月1日、ビットコインを中心に大きく値が動くことはなかったが、日本時間2日未明に大型カンファレンスSWELLを控えるXRP(リップル)は、未だ値動きに強さが見られる。

仮想通貨市場

仮想通貨市場は10月1日、ビットコインを中心に大きく値が動くことはなく、1日を通して全体的に落ち着いた相場となった。

そのような相場の中で、世界から注目されているのは、日本時間2日未明に大型カンファレンスSWELL を控えるXRP(リップル)だろう。

9月中旬に急騰を記録したXRPは、ポロニエックスなどの取引所アクセスがひとつの要因となり、大きな反落こそ一度あったものの、暴騰前の30円付近から2倍となる高値圏で推移しており、未に強い値動きを維持している。

特にSWELLはかなり前から事前告知されていたことから、相場自体には織り込み済みであると考えられることから、大きなファンダメンタルズ要因となるSWELLの前で、売られることや大きな売り圧力が予想されたが、昨日10%高を記録した他、開催まで数時間に迫る日本時間21時時点でも4%安で留まる強さを見せている。

まだ開催前であることから、安心感こそないものの、ここ1ヶ月でXRPを取り巻く状況は大きく変化が生じ、値動き以外にプラスの変化は複数みられ(下記参照)、カンファレンスで事実売りなどで下落した場合も、長期的に見るとXRPにとって重要な期間になったと言える。

XRPを取り巻く状況の変化

ここ数ヶ月で大きく変化した点は、以下の3点となる。

1.出来高の急増

2.ビットコインに連動性が見られるアルトの中で単独の推移

3.時価総額2位の攻防

出来高の急増:最大25倍弱まで急増

今回生じた変化の中で最も重要な動きとなったのは、出来高の急増となるだろう。

出典:CoinMarketCap

CoinMarketCap上のデータでは、急騰前に24時間出来高2億USD付近を推移していたXRPは、10月1日には14.5億USDと7倍以上にまで膨れ上がっている。

驚くことに最も急騰した9月22日には49億USDと、25倍弱まで上昇するなど、価格の推移以上に出来高に大きな変化が生じている。

出来高は、価格を上昇させるための最も重要な指標と言われるほど、相場において重要であり、この高い出来高が数週間維持している状況は、XRPにとって最も大きな変化と言える。

この出来高の伸び悩みはビットコインの大きな問題の一つになっており、未だ解消していないことを考えてもプラスの材料となる。

ビットコインに連動性が見られるアルトの中で単独の推移

2つ目の変化点はビットコインの値動きに左右されない値動きにある。

ビットコインを中心に相場が形成される仮想通貨市場において、多くのアルトコインの対フィアットの値動きは、ビットコインにかなり左右される値動きを形成するが、急騰後のXRPは特に独自の市場を形成している。

この背景には、BTCペア以外の取引の増加があると考えられ、10月1日の取引ペアの量を可視化したCoinlib のデータでは以下のようになっている。

出典:Coinlib

このデータでは、取引高順に、テザー(317M USD)、韓国ウォン(189M USD)、ビットコイン(184M USD)、日本円(122M USD)となっており、他のアルトコインがビットコインペアが高い取引高を維持する一方で、XRPは日本円と韓国ウォンの取引が強く、相対的にビットコインの取引ペアの比率が小さくなっている。

これは、独自相場を形成する上で重要なだけでなく、現在ファンダメンタルズ要因が期待されているSWELLを前に、材料に反応するいい土壌が形成されていると言える。

時価総額2位の攻防

XRPは、ビットコインに継ぐ2位の座をイーサリアムと争っている状況にある。

出典:CoinMarketCap

現在のXRP相場の一つの材料として、このドミナンスの推移はかなり重要になってきているのではないかと思えるほど、イーサリアムとXRPで均衡するドミナンス推移を維持しており、2位の座を2つの通貨で行ったり来たりしている。

ここで値が動きと、時価総額2位の座がどちらか一方にうつる可能性があり、時価総額も一つの材料として追っていく必要があるだろう。

直近:リップル(XRP)材料一覧

日時 内容
9/2 今年5月に新会社Coilを設立した、Ripple社の元CTOステファン・トーマス氏は、XRPをインターネット企業が(法定通貨のように)決済用通貨・収益にする主要技術である「Interledger」のクローズドベータ版を開始したと発表した。

(詳細)

9/27 中央アメリカの国ベリーズにある正規登録のFX仲介業者「FX Choice」は、XRPによる外貨為替売買を可能とすると発表。ほかにもXRPレッジャーの高速決済を重宝し、XRPを基軸通貨とした取引を行うFX取引所はForex.comやNordFXだとされる。

(詳細)

9/30 Ripple社が米連邦政府に仮想通貨の教育・理解・インフラ整備を求める業界団体SAIVを新たに設立したと発表し、同団体はロビー活動にかかる報酬の一部をXRPで支払う予定。

(詳細)

XRPのチャートは?

先週、XRP(XRP)の日足で見た場合の中長期チャート分析では、大幅な価格上昇を経て、年末にかけて価格をさらにあげる可能性が十分にあるといえる状況にある。

現在は米ドル建で45〜55セント(51円から62円)のサポートライン(黄色枠)を割らずに維持していることが今後の上昇に対して重要な意味を持ち、9月22日以降から続く推移が、フィボナッチリトレースメントに沿って継続する場合、年末には1ドル(約114円)を超えるてくる可能性も十分に考えることができるだろう。

9月24日の最高値を更新し、昨日の約10%高をつけたXRPは、現在こそヨコヨコな動きを見せているものの、明日10月2日未明にSWELLを控えた前日の動きは非常に注目したいところだ。

ダブルボトムをつけて大きく反発していることで底値をうった可能性は高いと考えられるが、SWELL開幕による事実売りによる売り圧がある可能性も考えて、相場を見ながらポジションを持つことをお勧めする。

これらを踏まえ、今からXRPのポジションを持つ場合は、明日以降のカンファレンスによる相場の動向を見つつ、下落した場合は、黄色の枠付近が買い場となるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

リップル最重要カンファレンス『SWELL 2018』特集|仮想通貨XRP価格への影響は
仮想通貨リップル(XRP)をテーマにした世界最大級のカンファレンス「SWELL 2018」。元米大統領のビルクリントン氏や、サウジアラビアやブラジルの中央銀行責任者が登壇することで、ビットコイン市場や株式市場からも高い関心を集めている。
bitbankが注文殺到時の新ルール発表|SWELLを控える仮想通貨XRP(リップル)への対応か
仮想通貨取引所bitbankは、公式ブログにて「注文逼迫時(行き詰まって余裕のなくなる状態)における新規取引ルールの導入」を発表、同プラットフォーム内で出来高が急増しているXRP/JPYのマーケットの状況を挙げ、今後の対応を説明した。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア