韓国の国会本会議で政務委員長が「ICO合法化」を求める

韓国政務委員長が「ICO合法化」を求める
韓国与党民主党議員のMin委員長は、9月12日にフランス国会がICO法案を可決し、合法化の道を開いた例にも触れ、「ICO規制は必要だが、ドアを完全に閉ざしてはならない」と見解を述べた。

韓国政務委員長が「ICO合法化」を求める

韓国の国会政務委員会のMin Byung-Doo委員長が、国会の第8回総会における、対政府質疑の場で、ICOの合法化を求める発言をしていたことがわかりました。

CoinDesk Korea の報道によると、10月2日、与党民主党議員でもあるMin委員長は、ICOは世界的な潮流になっているとして、次のように述べました。

「今までのようにICOへのドアが完全に閉ざされるようなことがあってはならない。政府はこの問題を看過するべきではない。」
「仮想通貨業界が信頼を得るためにも、ICOに対する規制は必要であるが、現在規制に関する法律がないにも関わらず、事実上の規制を課していることは、政府としてはいかがなものか。」

と、Min委員長は批判しています。 

これは、昨年9月に、韓国の金融監督機関であり、国務総理(日本の首相にあたる)直属の金融委員会が、根拠となる法の制定がなされないまま、ICOの完全禁止を発表したことを指しています。

Min委員長は、「不正行為、投機的行為、資本流出は厳格に禁止」すべきであり、仮想通貨業界が自己規制を導入するとともに、明確な安全基準を設定する必要があると述べています。

また、Min委員長は、それぞれ17億ドル(約1932億円) と40億ドル (約4546億円) の資金調達に成功したTelegram とBlockOneのICOの例を挙げ、「ICOとエンジェル投資家などベンチャー投資による資金調達を比較すると、明らかに投資の流れが変化しているのがわかる」と付け加え、ICOがより一般的で大規模になってきている現状を説明しています。

フランス国会はICO法案を可決

さらに、先月12日に、フランス国会がICO法案を可決し、合法化の道を開いた例にも触れました。

Min委員長のこのようなICOに対する積極的な立場表明は、すでに国会に提出されている、いくつかの仮想通貨関連法案の成立に向けての追い風となるかもしれません。

これらの法案の中には、5月29日に提出された、ICO合法化の法案も含まれています。 特に、ICOや仮想通貨、及び取引所関連の法案は、政務委員会の所轄であるため、委員長の強い意志表明により、同委員会の採決を通過する可能性が一層高まったと見る向きもあります。 

法案が政務委員会で可決された場合、国会本会議で審議されることになります。

李洛淵(イ・ナギョン)国務総理(首相)は、Min委員長の質疑を受け、次のように述べました。

「ICOがブロックチェーンに関する資金調達の手段として利用されていることは認知しているが、政府は、その副作用や市場が過熱することに対する懸念から、禁止している。

一方、ブロックチェーン技術は、育成しなければならないと考えている。」

Min委員長は、同日、開催されたブロックチェーン討論会で、ブロックチェーン産業を育成するためのワーキンググループの早急な結成を呼びかけています。

「政府と国会ならびにブロックチェーン協会が、早急にワーキンググループを創設し、詐欺、投機、そして資金洗浄を阻止するとともに、ブロックチェーン産業を発展させる方策を練ろうではないか。」

CoinPostの関連記事

ついにフランスも仮想通貨ICOの合法化へ、仏政府が新たなICO規制法案が可決
フランス国会、ICOに対する新たな法律の枠組みを可決。 同国におけるICO業務合法化が牽引力となり、隣国にもより前向きな姿勢や実際の動きが見込める可能性も。
欧州委員会トップ、ICO政策へ前向きな姿勢
欧州委員会(以下EC)は仮想通貨が世界に浸透してきていると公式に見解を発表し、年内の規制策定を目指すとした。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加