世界有数のIT企業IBMが提供する「Food Trust」商業化に仏系巨大企業Carrefourが参画

IBM Food Trustの商業化
10月8日にIBMは、ブロックチェーン技術を使用した独自フードサプライチェーンネットワークIBM Food Trustの商業化を発表した。そして、世界有数の仏系小売企業Carrefourがこのプロジェクトの会員となった。
乗り越えた5つの障害
IBM Food TrustのバイスプレジデントであるMcDermott氏は、企業におけるブロックチェーン技術の普及において、このプロジェクトが以下の5つの障害を乗り越えたと言及し、セグメント別のROIの追求も功を制した理由の一つであると述べた。

IBM Food Trustに仏系巨大企業Carrefour参画

10月8日に、世界有数のテクノロジー企業IBMは、ブロックチェーン基盤の独自フードサプライチェーンネットワーク”IBM Food Trust”の商業化に踏み切り、世界最大級の小売業者Carrefourもそのネットワークに参加したことを公表した。

このIBM Food Trustは、収穫、梱包、輸送、販売などを記録し、食品業界のエコシステム全体に追跡性、透明性、効率性をもたらすと考えられており、18ヶ月もの間、小売業者、サプライヤー、農家などの様々なレイヤーにおいてテストが行われてきた。

そして、その商業化に伴って、Carrefourなどの大企業から、中小企業まで、月々100ドル(約1.1万円)から1万ドル(約110万円)の登録料で利用することが可能になる。

フランス基盤で33カ国に跨り、1.2万店舗を有する巨大企業Carrefourが、このIBM Food Trustに参加したことは、IBMにとっても、その事業を拡大するための大きな一歩であるとされており、同様にブロックチェーン業界全体としても特筆すべきニュースであると言える。

同社は、独自ブランドの300もの生鮮商品の追跡などを2022年までに実現し、顧客に安心を届けたいと明かした。

Carrefourの事務総長を務めるLaurent Vallee氏(以下、Vallee氏)は、今回の取り組みに対し、以下のようにコメントした。

「Carrefourにとって重要なのは、もし何か問題が起きた際に、ブロックチェーン技術があると言えることである。その技術があることによって、私たちは商品を追跡することができ、詳細を説明することができる。」

そして、このIBM Food Trustには、今回参入を発表したCarrefourだけでなく、ネスレやユニリーバ、Tyson Foods、Walmartなど世界的に有名な企業も含む、複数の会員を既に有している。

IBMの国際産業部門のバイスプレジデントを務めるBridget van Kralingen氏も、以下のように言及した。

「この協力的なアプローチで、IBM Food Trustの会員は、ブロックチェーン技術が食品の追跡性という面を大幅に向上させただけでなく、透明性を高めることができたことも証明した。最終的に、その会員にはビジネス的な恩恵をもたらし、消費者にもより安全で高品質な商品を届けることを可能にしている。」

乗り越えた5つの障害

IBM Food TrustのバイスプレジデントであるBrigid McDermott氏(以下、McDermott氏)は、企業におけるブロックチェーン技術の普及において、このプロジェクトが、以下の5つの障害を乗り越えたと主張した。

  • エコシステムの作成
  • 全ての参加者に価値を与える、ビジネスモデルの作成
  • データのセキュリティやアクセス権限などの管理構成
  • 他のプラットフォーム間での相互運用性や標準化
  • 歴戦の企業技術の上にシステムを構築すること

McDermott氏は、その対象が農家であれ、卸売業者であれ、小売業者であれ、その投資した額に対して得られる利益である「投資対効果(ROI)」が必要であると言及し、このプロジェクトは発足当初から異なるセグメントでどのようなROIが得られるかを議論してきたと述べた。

さらにIBMは、食品業界だけでなく、金融サービス、広告、宝飾品類、郵送など、様々な分野でブロックチェーン技術を普及させることを視野に入れているとされた。今後のブロックチェーン技術の多角的な普及において、IBMの活躍が期待されている。

CoinPostの関連記事

IBM:ブロックチェーンだけではなく仮想通貨事業にも本格参入か
IBMのブロックチェーン開発の新リーダーであるJesse Lund氏は、IBMは仮想通貨のビジネスへの応用に関心を持っていると述べました。また同氏は、今年のあるタイミングで、中央銀行はデジタル法定通貨の発行に踏み切る、と予測しています。
米ドルに裏付けられた新たな仮想通貨「Stronghold USD」を発表:IBMが支援を表明
7月17日、米ドルとのペッグ通貨として、ステラ・ブロックチェーンを使用した新たな仮想通貨”Stronghold USD”が発表された。大手企業のIBMが支援を公表し、テザー(USDT)の代替としても注目を集めている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加