CoinPostで今最も読まれています

600万円台を割り込んだビットコイン、さらなる一段安に警戒|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週1/20(土)〜1/26(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

1/20(土)〜1/26(金)の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円は上値の重い展開となり、今年初めて節目の600万円を割っている。

週明けのBTC相場は中国の経済指標の下振れを受けたアジア株式市場の下落に連れ安となると、見切り売りも入り下げ足を速め、600万円割れを試す展開で始まった。

さらにこの日の米時間には、FTXが10億ドル相当のGBTC(グレイスケールの現物ビットコインETF)を売却していたことが発覚し、590万円を割る展開となった。

翌23日の東京時間には、BTCは自律反発の様相で590万円を回復したが、4万ドル水準で戻り売りが入り、一時は580万円をも割り込んだ。

一方、週前半の相場下落でドル建てBTCは昨年11月高値38,400ドルで反発に転じると、米株の上昇を味方にBTC円は4万ドル水準となる600万円近辺まで回復。その後は景気の底堅さを示す米経済指標が相場の重石となりつつも、GBTCからの資金流出が減速したことが好感され、節目の水準を挟み込み揉み合いに終始している。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】
出所:bitbank.ccより作成

一時は4万ドルを大きく下回る場面もあった今週のBTCだったが、CMEの窓埋めを完了すると4万ドル周辺に戻した格好だ。テクニカルの側面では、一目均衡表の雲下限と100日移動平均線(ma)をギリギリで維持している状況となっており、これらのテクニカル的なサポートを割ればBTCは下値を模索する展開が視野に入る(第2図)。

【第2図:BTC対ドルの一目均衡表と100日移動平均線(日足)】
出所:Glassnodeより作成

今週は第四・四半期の米GDP成長率速報値が3.3%と市場予想を大きく上振れた他、個人消費の底堅さが示されたが、同期間の個人消費支出(PCE)価格指数は1.7%と前期の2.6%から低下し、インフレが順調に鈍化していることが示された。

こうした強弱入り混じる結果を受けてBTCは方向感を示すことに失敗しているが、26日には12月分のPCE価格指数の発表を控えており、結果次第では相場が上述のサポートを割る展開が想定される。

実際、12月分の消費者物価指数(CPI)や小売売上高は市場予想を上回る結果となっており、PCE価格指数も同様に強目にでる可能性があるか。

目先の下値目途としては、昨年11月に相場のレジスタンスとなった38,000ドル(約561.7万円)や、ボリンジャーバンドの-2σ(37,800ドル≒558.7万円)あたりが妥当と見ている。

また、12月分の経済指標が強目に出たことで、昨年末まで慎重姿勢を強めていた米連邦準備理事会(FRB)が来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で改めて市場の早期利下げ観測を牽制してくる可能性も指摘され、BTC相場の一段の調整には警戒しておきたい。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:ビットコインは方向感欠ける展開、上値は重く下値余地も限定的か

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア