バイナンス社、中国内の利用者対象に預金・取引を禁ずる

中国国内の規制対象ICOに該当する者は、資金返済やトークン廃止を実施しなければならない
政府の発表とは異なり、ICOプロジェクトから正式に返済する発表はない
中国の仮想通貨の対応を受け、Binanceはサービスを変更
海外利用者が多いBinance取引所が中国からの利用者の取引を禁止した

中国がICO活動を差し止めたことを受け、一部取引では問題が発生しています。

新しい統制下では、多くのICOプロジェクトは中国在住の利用者に資金返済を強いられます。ここ数週間の内にICOトークンを上場予定だった場合、それらを廃止させなければなりません。

Binance社は仮想通貨産業でアジアを代表する新星の一つで、将来大きな変化をもたらすと期待されています。Binanceが中国の全IPアドレスからの取引を禁止したことはかなり興味深い決断です。

Binanceの難しい判断

現在、中国の仮想通貨関連企業の一番の目的は”破産しないこと“でしょう。これは特に、最近仮想通貨の活動及び取引を禁止すると発表した中国人民銀行(PBoC)に関係を持つプラットフォームには強く言えることです。以前取り上げたように、Binanceは調査対象の60の企業の一つでした。これにより取引に対して悪影響があるのかどうかについて様子を見る必要がありますが、Binanceが計画している新しい変更は必ず影響を与えることでしょう。

最近行われたZendeskのアップデートで、Binanceは大型の変更を行うと発表しました。まず初めに、複数のICOトークンはプラットフォームでは取引対象外となります。そもそもこれらのトークンはほとんどの人は知りもせず、PBoCの命令で排除になったようです。Binanceがこの命令をスムーズに受け入れたことは賞賛に値します。このような波乱時に誰も中国政府の怒りを買いたくないのでしょう。

当面、Binance利用者はコイン残高から出金することは可能です。HCC、LLTC、ELC、BTNまたはYOYOを保持する者は今後数週間の内に引き出しが可能になるでしょう。上記のICOは未だ中国投資家から返済があると正式な発表があった訳ではありません。よってこれからどうなるのかとても興味深いです。新しい返済に関する”規制”の下、中国のICOの未来は暗くも見えますが、適切な規制は考案されている模様です。

さらに、数日前Bainanceは大型システムアップグレードを行いました。そのメンテナンスによりシステムの供給停止があったようですが、メンテナンス終了後にはシステムは正常に動いているようです。”Know Your Customer”及びアンチ資金洗浄処置になんらかの変更があったのかは不明ですが、現時点で表明することはないでしょう。私たちが知る限り、取引内で法令順守に対しての問題発生はないようです。予定されていたシステム停止時間は上記のICOトークンを取り除き、新しい大型変更を追加するためのものだったようです。

もしかすると一番大きなショックは、Binanceが中国のユーザーを取引に受け入れないと発表したことかもしれません。事実上、中国からの全IPアドレスは既に取引活動から禁止されています。中国内のユーザーはまだ引き出しを行うことができますが、預入や取引を行うことはできません。香港をベースにしている企業としてはとても興味深い決断です。

Binanceは取引の82.5%は海外からと公表しました。ということは、中国内の取引はごくわずかだったことがわかります。取引所側は中国内ユーザーをいかなる取引から禁止したことでPBoCのさらなる調査の対象から逃れることを願っています。今後数か月、“西洋コイン”が対象に追加される予定で、採決の結果に沿って新たに5つのコインが選ばれるようです。

Binance Bars Chinese Users From Trading and Making Deposits

September 11, 2017 Buntinx

参考記事はこちらから

CoinPostによる考察

Binanceは7月上旬に開設された中国の取引所で、とても勢いのある新興取引所です。

公式の45日間レポートによると利用者の数は約2700人/日 で増え続け、世界中から利用されています。また45日間で世界の24時間の取引量は7位までになるだろうと予測しています。今回の中国内の利用者への対応を考慮しても世界中の利用者をターゲットにしていますし、英語・中国語・韓国語・日本語に対応していることからもうかがえます。日本語の対応もしっかりしているので、言語の問題はないでしょう。では、取り扱いされている銘柄はどうでしょうか。

現在の取り扱い銘柄はこちらです。

  • NEO/BTC
  • BNB/BTC
  • ETH/BTC
  • LTC/BTC
  • QTUM/BTC
  • OMG/BTC
  • GAS/BTC
  • MCO/BTC
  • BCC/BTC
  • WTC/ETH
  • BNB/ETH
  • QTUM/ETH
  • EOS/ETH
  • DNT/ETH
  • SNT/ETH
  • OMG/ETH
  • OAX/ETH
  • MCO/ETH
  • BNT/ETH
  • ICN/ETH
  • BTC/USDT
  • ETH/USDT

これらの銘柄に加えZRK,OMGの取り扱いも開始され、今後もさらに様々な銘柄を追加していくようです。

世界中の利用者に追加してほしい銘柄のアンケートを実施しています。もし保有している銘柄が追加されることになると喜ばしいことですね。Binance取引所はこれから飛躍的に成長するでしょう。日本語対応してるので、開設し取引できるようにするのもいいでしょう。

また、Binance取引所はiOS, Android版のアプリも開発され、より手軽に取引できるようになっています。

URL:https://binance.zendesk.com/hc/en-us/articles/115001507851よりダウンロードすることができます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加