世界最大仮想通貨取引所Binance、政府基金からの投資を受ける

日本時間火曜日、シンガポール政府が運営するTemasek HoldingsのベンチャーキャピタルであるVertex Venturesは、仮想通貨取引所Binanceに向け、戦略的投資を行い、取引所と協力しながら市に新しい支店を設立すると発表。

プレスリリースによると、今回の計画の最重要事項は、東南アジアに法定通貨対応の仮想通貨取引所Binanceシンガポールの設立だという。

Binance CEO兼創設者であるChangpeng Zhao(CZ)氏は、先月にシンガポールへ拡大するとアナウンスしたばかりだった。

9月にCZ氏はコインデスクに対し、Binanceシンガポールは数ヶ月以内に稼働すると述べた。

参考記事:Binance Scores Funding From Venture Arm of Singapore’s Sovereign Fund

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所Binanceの「上場インパクト」の分析データが公開|価格に影響する期間はいつ?
海外メディアThe Blockは、取引所Binanceへの仮想通貨、トークン上場とその価格への影響を分析し、上場発表や、上場廃止による動きが明らかになった。
【速報】バイナンス代表者CZ:Binanceでシンガポール法定通貨建てのテストを予定
シンガポールで開かれている仮想通貨イベントに登壇しているバイナンスのCZ氏は、『9月18日に、Binanceでシンガポール法定通貨建てによる取引のβ版テストを非公開形式でリアルタイムで行う』と言及。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加