CoinPostで今最も読まれています

SBIVCが仮想通貨ウォレットの開発に着手|Sepiorの閾値暗号技術を使用

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SBIVCが仮想通貨ウォレットの開発に着手
SBIの仮想通貨取引所VCTRADEは、プラットフォーム上でのオンラインコンテンツおよび、取引の安全性を保証するため、デンマーク基盤のSepior社のThreshold-Sig技術を使用したウォレットの開発に着手していくと発表された。

SBIVCが仮想通貨ウォレットの開発に着手

デンマーク基盤のSepior社が開発した”Threshold-Sig Wallet”技術をSBIが使用し、同社の取引所VCTRADEのセキュリティを高める取り組みを始めたことが同社プレスリリースより明らかになった。

2014年に創業されたSepiorは、threshold(閾値)暗号の最先端をいく企業であり、threshold基盤での分散計算法(tMPC)を用いて、信頼性のあるオンライン上での金融取引や、カストディウォレット、パブリック、プライベートブロックチェーン、クラウド上でのSaaS(Software as a Service)を始めとする法人データ保護アプリケーションなどを提供してきた。

一般的に知られているマルチシグと呼ばれる技術は、秘密鍵を複数用意し、複数人がその鍵を所有するのに対し、threshold signature(閾値署名)は、1つの秘密鍵を複数に分割し所有するという点で違いがあるとBitcointalkに記述されているが、複数人の同意を得て初めてその承認が得られるという点では共通していると言えるだろう。

そして、今回SBI Virtual Currenciesは、プラットフォーム上でのオンラインコンテンツおよび、取引の安全性を保証するため、Threshold-Sig技術を使用したウォレットの開発に着手していくとされた。

仮想通貨業界は、ハッキングの標的にされやすい業界であり、2014年にはMt.Goxが、2018年にはCoincheckやZaifがハッキングによる被害を受け、日本だけでも多くの被害を受けてきている。つまり、仮想通貨取引所におけるセキュリティ対策は、最も重要な要素の一つであり、そこに脆弱性があってはならないのだ。

この動きからも本格始動を控えるSBIVCが、今後の日本のメインプレイヤーになる上でも、セキュリティ面での多角的な強化に向けて動いていることがわかる。

各社の代表者のコメント

SBIホールディングスの北尾吉孝氏は、Sepiorの閾値暗号技術を以下のように賞賛した。

綿密な調査の結果、弊社のセキュリティチームは、分散計算法に基づいたthreshold signatures(閾値署名)が、セキュリティ、パフォーマンス、SBI Virtual Currenciesの増加する顧客ベースに対応できるスケーラビリティの基準を満たしていると結論づけた。

Sepiorは、暗号化および、閾値分散計算法の市場リーダーとして知られている。彼らは、既存の単一署名に頼ることなく、コアな技術を使用し、安全なオンライン取引を促進することができるのだ。

Sepior社のCEOを務めるAhmet Tuncay氏は今回の取り組みについて以下のようにコメントしている。

SBI Virtual Currenciesは、世界で最も仮想通貨投資が盛んである地域の一つである日本で、銀行支援のある最初の政府認可された仮想通貨取引所である。私たちは、SBIグループと共に取り組んでいけることに喜びを感じている。

SBI Virtual Currenciesは、法人水準でのカストディサービスや仮想通貨取引所におけるセキュリティ、規模、プライバシーの新たな基準となるだろう。そして、Sepiorが今回の試みにおいて、SBIの信頼された開発パートナーおよび、技術提供の役割を担えることを誇りに思う。

ネット証券No.1を誇る、SBIグループ会社「SBIVC」が満を持して公開した仮想通貨取引所「VCTRADE」、停滞しつつある日本の仮想通貨市場を牽引する大本命と見られている理由には、この慎重な姿勢と、巨大マーケットを見据えるセキュリティの強化も大きな理由の一つになるだろう。

出典:SBI決算資料

特にハッキングなどが相次いだ背景を受け、ウォレットのセキュリティに警鐘を鳴らしており、「仮想通貨取引所が抱える問題の1つである、セキュリティ脆弱性の対応については、外部企業の先進的技術も取り込む」とするなど、力を入れている分野だ。

今年3月に台湾基盤のコールドウォレット製造社CoolBitXの株式40%も取得や、イギリス:nChain社、韓国:Everspin社などとも提携しており、盤石なセキュリティを築き上げる目的の元動き出している。

このような動きは日本の仮想通貨マーケットにおいて極めて重要であり、信頼性に陰りがでている業界を引っ張っていくメインプレイヤーとして期待されている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所『SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)』情報まとめ|大きく期待できる5つの理由
「SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)」仮想通貨交換サービス(VCTRADE)が8月から本稼働開始。テレビCMの実施予定、取引所モデルの板取引開始、イーサリアム(ETH)の取り扱い開始など、最新情報をまとめています。
FINSUM2018:SBI北尾氏が「SBIVCの展望、 Sコイン発行、Ripple社の訴訟問題」に言及
SBIグループの北尾代表が、日経新聞と金融庁共催の「FINSUM2018」で講演。Zaifハッキング事件や米Ripple訴訟、イーサリアムの上場を予定しているSBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の展望など、話題のトピックについて見解を述べた。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/17 水曜日
17:30
Polyhedra Networkがグーグル・クラウドと提携 ゼロ知識インフラ「Proof Cloud」を発表
Polyhedra NetworkがGoogle Cloudと提携し、ZK-as-a-service「Proof Cloud」を発表。ゼロ知識証明の生成を簡略化し、個別要件に最適なインフラストラクチャを提供する。Google Cloudは、AIの品質管理に関する機械学習機能を強化するため、ゼロ知識技術を活用するためにPolyhedraと協力する方針だ。
17:29
HashPalette『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画発表
メタバース型ファーミングブロックチェーンゲーム『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画が2024年4月24日に開始。特別な釣りイベントで万博チケットを獲得するチャンス!NFT関連事業を手掛けるHashPaletteが開催。
16:16
コインチェックTVCMを5月に放映開始、稲垣吾郎と鈴木もぐら出演
コインチェックが新CM「コインチェッくん篇」を、半減期後となる2024年5月から放映開始。稲垣吾郎と鈴木もぐらが出演。暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン買うならコインチェック」と訴求する。過去のCMからの一貫性にも注目だ。
12:18
ビットコイン推移は正念場、足元のETF需要は伸び悩む
イランとイスラエルを巡る中東情勢不安が株やビットコイン市場に重くのし掛かる中、6万ドルのサポートライン上で際どく推移するBTC価格。ビットコインETFへの資金流入は、過去4週間にわたって減少傾向にある。
12:10
住宅資産トークン化の「Homium」、アバランチ上で立ち上げ
住宅ローンのトークン化プラットフォーム「Homium」は仮想通貨アバランチのチェーン上で、トークン化住宅資産によるローンを立ち上げた。
10:10
韓国ウォン、対仮想通貨取引高で世界トップに 日本円は?
金融リサーチ企業Kaikoは、中央集権型取引所におけるビットコインなど仮想通貨取引高で、韓国ウォンが米ドルを上回ったと指摘した。
08:50
イーサリアム大口保有者、50億相当を売却
50億相当の仮想通貨イーサリアムを売却して約6億円の損失を出した大口保有者がいることをLookonchainが報告。このアドレスは先月から注目を集めていた。
08:30
Web3のMMORPGゲーム「EFAS」、ソラナ上で経済圏構築へ
EFASはソラナラボが提供する「GameShift」を用いる。「GameShift」とは、ソラナラボが2023年11月にベータ版をリリースした、ゲーム開発者がソラナ上でブロックチェーンを活用した体験をより簡単に作成できるように設計されたプラットフォームだ。
07:30
ソラナ混雑原因のOreマイニング、v2に向けて採掘活動を停止
仮想通貨OREマイニングの停止は永久的なものでなく、システムを最適するためのバージョン2をリリースするために一時的に休止するものだ。
06:50
14年動かなかったビットコイン、4.8億円相当が移動
3日後に半減期を迎える中、2010年4月から動いていなかったビットコイン4.8億円相当が送金された。送金先は仮想通貨取引所コインベースだと指摘されている。
06:30
10万円のイーサリアムOS搭載スマホ「ethOS」、一般販売開始 
ブロックチェーン基盤のethOSフォンは、グーグル「Pixel 7a」機種にイーサリアムのOSがプレインストールされた端末で、分散型のメッセージ機能や決済機能の利用が可能だ。
06:00
a16zが新ファンドで1.1兆円調達、Web3ゲームにも投資か
調達した資金がどのように投資されるかは不明だが、同社のゲーム・ベンチャーは以前、Web3・ブロックチェーンゲーム分野に関心を示したことから、関連の仮想通貨銘柄にも投資すると期待されているようだ。
04/16 火曜日
17:08
暗号資産取引関連の損益計算、約15%が「今回が初めて」と回答|Gtaxアンケート
株式会社Aerial Partnersが実施した「Gtax」利用者向けの2024年暗号資産(仮想通貨)確定申告アンケート結果。取引用途が多岐にわたり、計算処理が複雑化する中で、損益計算の計算ツールへの切り替え需要が高まっていることが示された。
16:23
テレ朝グループのBCGアクセラレータープログラム、競走馬育成ゲームを発表
株式会社テレビ朝日と株式会社テレビ朝日ミュージック、extra mileがブロックチェーンゲームアクセラレーター「tv asahi Blockchain Games」を立ち上げ。インキュベーションからパブリッシングまでのサポート。初のゲームタイトル「NEOBRED」も注目。
14:25
リップル裁判、23日の公判前にSECと和解する可能性は
米証券取引委員会対リップル社の公判が4月23日に迫る中、16日に公判前会議が予定されていることから、両者が和解するのではないかとの憶測が広まっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア