CoinPostで今最も読まれています

9/13 ビットコイン下落の真相とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン下落の真相・JPモルガン・チェースCEOのインタビュー
JPモルガンCEOダイモン氏のインタビューでの「ビットコインは詐欺であり、崩壊するだろう」発言による急な下落。

JPモルガン・チェース

JPモルガン・チェースは世界時価総額ランキングで第11位時価総額で最大となる米大手銀行持株会社です。

傘下にJPモルガン・チェース銀行や投資銀行のJPモルガンを持ち、高い株価評価が示すとおり、有料金融グループの一つとしてとても安定感があります。(ちなみにJPモルガン・チェース時価総額は32兆円。 三菱UFJ銀行の時価総額は9.5兆円と3倍以上の差があります)。

ジェームズ・ダイモン

 

ジェームズ・ダイモン氏はアメリカ四大銀行の一つでもあるJPモルガン・チェースの最高経営責任者を務めるアメリカの実業家です。2006、2008、2009、2011年とビルゲイツやamazon ジェフ・ベゾスと同じく4度タイム誌「世界で最も影響力のある100人」に選出されていることで名前を知っている人は多いのではないでしょうか。さらにはインスティチューショナル・インベスター誌の発表する最良のCEOにも2008~2011年まで選出されたことでも有名です。

今回の発言はただ一人の実業家の発言ではなく、ここ数十年の経済の動き、株式の動きなどを熟知したあのダイモン氏の発言だったので大きく下落を引き起こした原因の一つとして考えられています。

また、いつもは冷静に投資の発言をしているダイモン氏ですが今回はいつになく冷静さを欠いた発言を発した点を受け、海外のトレーダーの間で何か深いわけがあるのではないかと噂にもなっています。

ビットコインの下落とJPモルガンCEO、ダイモン氏のインタビュー

9月12日、米銀行JPモルガン・チェースのダイモン最高経営者責任者(CEO)は「ビットコインは詐欺であり、崩壊するだろう」と言及。

これを受けビットコインの価格が13日グラフのように下落を続けています。

9月13日18時より

ダイモン氏は以下のようにコメントを残しました。

「17世紀に起こったチューリップバブル (チューリップ・バブル:1637年に世界で初めて起こったバブル。オランダで、チューリップの球根が人気になり、異常な高値になりバブル崩壊)と同じような結果が起こるまたはそれよりも悪い結果になるかもしれない。ビットコインの終わりはよくないだろう。」「JPモルガンのトレーダーが仮想通貨取引をやろうものならまず就業規則違反、そしてトレーダーを愚か者として即解雇をする」「ベネズエラ、エクアドル、北朝鮮などに住む麻薬売人や殺人者などにとってビットコインは裕福になれるチャンスとなるだろう」

このインタビューにより、中国ICO全面禁止、取引所閉鎖問題と立て続けに起こった9月の下落にさらなる大きなダメージを与える結果となりました。

また、ダイモン氏のJPモルガンでも ブロックチェーン技術を用いたプロジェクトも始まっており、ダイモン氏はブロックチェーンについては今後も有益となるテクノロジーの一つであるという見通しを示しています。

2017年5月にJPモルガンはコインチェック銘柄の一つである Zcashと提携を結んでいます。JPモルガンのエンタープライズブロックチェーンプラットフォームであるQuorumにZcashの暗号化技術を導入するために提携を発表しました。

この時のZcash価格は2倍以上に価格をあげています。

Coinpostの考察

JPモルガンの提携後によるZcashの価格影響や今回のインタビュー後のビットコイン下落を考えると、JPモルガンの動きやダイモン氏の発言力はかなり大きく仮想通貨へ影響を及ぼしているのではないでしょうか。

 

中国のICO全面禁止や取引所が閉鎖されるのではないかという情報がある中、今回の発言を受けこのような急激な下落を引き起こしたのかもしれません。

今後、中国をはじめ各国が規制する動きを始めていることや、要人の発言には注意して見ていく必要があります。9月はより慎重に仮想通貨のトレードをしていくことが大切でしょう。

JPMorgan CEO Jamie Dimon says bitcoin is a ‘fraud’ that will eventually blow up

13 Sep 2017 CNBC

参考記事はこちらから
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:23
a16zが物理製品×NFTドロップのIYKに出資-web3資金調達まとめ
過去1週間にWeb3プロジェクト12社が計約90億円を調達。NFTドロップを実現するNFCチップ提供の「IYK」はa16zらから23億円を集めた。アディダス「NFT NYC 2023限定シャツリリース」の実績を有すIYKは、個人サービス向けサービス基盤をリリース。
15:33
米サークル社がステーブルコインの「非証券性」を主張、SEC対バイナンス訴訟めぐり
米サークル社は28日、バイナンス対SECの訴訟で書面を提出。決済用ステーブルコイン自体は証券ではないとの見解を述べた。
15:17
米Circle、ステーブルコイン運用基盤を無償公開
ステーブルコイン発行の米Circleは、「Perimeter Protocol」をオープンソース化した。リアルワールドアセットのトークン化の需要増加に対応し、USDCのユースケース拡大を狙う。
10:45
スリーアローズ破綻に進展、Zhu氏をシンガポールで逮捕
破綻した仮想通貨ヘッジファンド3AC共同創設者の一人Su Zhu氏はシンガポールで逮捕された。清算人の調査に協力しなかったことで懲役刑となる。
10:05
グーグルクラウド、Polygonバリデーターに参加
Google Cloudが、Polygonのバリデーターとして参加していることがわかった。同社は今年4月からPolygon Labsと「継続的な戦略的協力関係」を維持している。Google Cloud APACは、関連するYouTube動画を公開した。
08:25
SBI、XDC Network運営企業と合弁会社設立へ
SBIホールディングスは、UAE拠点のTradeFinexと日本における合弁会社の設立について基本合意した。仮想通貨XDCの上場を望む取引所のサポートなど、新会社の事業を説明している。
09/29 金曜日
18:24
世界のゲーム企業時価総額トップ40企業のうち、29社がWeb3分野を模索
時価総額上位40のゲーム会社の中で、29社がWeb3分野を模索している。NFTゲームの開発を進めているNexon、バンダイナムコ、コナミ、Krafton、スクウェア・エニックス、ユービーアイソフトの7社を中心に動向をまとめた。
16:53
米決済大手PayPal、NFTの購入・送信システムで特許出願
米決済大手PayPalは、NFTの購入・送信システムに関する特許を米国特許商標庁に申請している。オフチェーン取引機能などを備えるものだ。
13:56
BISと各国中央銀行、CBDC取引の実証実験成功
国際決済銀行は、フランス、シンガポールおよびスイスの中央銀行とともに行った、ホールセール中央銀行デジタル通貨(wCBDC)のクロスボーダー取引および決済の実験に成功したと発表した。
13:00
米コインベース、米国外のリテールユーザーに無期限先物サービス提供へ
米大手仮想通貨取引所コインベースは、バミューダ金融庁から米国外のリテールユーザー向けに無期限先物を提供するライセンスを得たと発表した。
12:53
ビットコインやや反発、MakerDAO(MKR)前月比50.0%高の背景は
暗号資産(仮想通貨)相場では米株指数の反発の影響もありビットコインが反発。アルト市場ではMakerDAO(MKR)が前月比50.0%高となり年初来高値を更新した。
12:00
アジア最大級のWeb3カンファレンス「WebX 2024」、ザ・プリンスパークタワー東京で開催へ
国内最大手の暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostは、アジア最大級のWeb3国際カンファレンス「WebX 2024」の開催を発表した。第2回は、ザ・プリンスパークタワー東京で行われる。
11:38
FTX Japanが自動資産証明を導入
FTX Japan株式会社のセス・メラメドCOO、顧客から預かった資産の保全状況を証明するため、新機能「Proof of Solvency」を導入したと発表した。取引所の残高が預かり資産を上回っていることを、改ざん不可能で検証可能な方法で証明する。
10:26
イーサリアムのテストネット「Holesky」起動
仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンについて、新たなテストネット「Holesky(ホレスキー)」が起動した。次期ハードフォークDencunに向けた重要なステップであり、開発計画の進展につながる動きだ。
09:00
米SEC、イーサリアム先物ETFを初承認
米SECは、仮想通貨運用企業Valkyrieがイーサリアムの先物に投資するETFを提供することを承認したことがわかった。ビットコイン先物ETFに組み込むとみられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/10/19 14:00 ~ 16:00
東京 東京都渋谷区
2023/10/28 14:00 ~ 17:00
東京 東京都中央区
重要指標
一覧
新着指標
一覧