CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 OmiseGoとは|今後の将来性と特徴を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ICOから1ヶ月で14倍の価格上昇を記録した仮想通貨
1ヶ月で14倍の価格上昇を記録して話題に。
タイで普及している決済システム「Omise」
Omiseを使えば銀行口座やクレジットカードがない人でも仮想通貨で簡単に送金・決済可能に。
目次
  1. OmiseGoの概要
  2. Omiseとは?
  3. OmiseGoってどんなもの?
  4. なぜOmiseGoがタイで普及しているのか?
  5. 日本でOMGを取り扱っている暗号資産取引所
  6. OmiseGoの今後

OmiseGoの概要

OmiseGoは、東南アジアで展開されているオンライン決済システム「Omise」で使用される仮想通貨トークンです。

これはイーサリアムのブロックチェーンを利用しているERC20トークンです。

ICOから1ヶ月で14倍の価格上昇を記録し、注目を集めました。

本記事では、OmiseGoを発行している「Omise」について解説します。

通貨コード OmiseGo(OMG)
プロジェクト名 Omise
取引開始日 2017年6月23日
承認アルゴリズム Proof of Stake
発行上限 140,245,398 OMG
公式サイト 公式サイト(英語)
公式サイト(日本語)
White paper White paper(英語) White paper(日本語)

Omiseとは?

日本人起業家の長谷川潤氏が立ち上げた「Omise」という企業が提供するオンライン決済システムです。

企業の拠点はタイのバンコクにあり、2013年に設立されました。

この決済システムにより、モバイル端末同士で送金でき、銀行口座を持たなくても簡単に送金できるようになり、店舗でOmiseGoを通貨として支払うことができるようになりました。

Omiseは東南アジア向けに展開されていて、タイでは3分の2のモバイル会社がOmiseのサービスを使っているそうです。

その後、日本、シンガポール、インドネシアなどでビジネスを拡大中で、現在アジア·太平洋領域の近隣諸国への事業拡大を狙っています。

SBI、SMBCといった大手企業からも出資を受けており、今後期待されているということがうかがえます。

OmiseGoってどんなもの?

簡単に言えば、モバイル端末同士で送金・決済できるウォレットアプリケーションで使う仮想通貨です。

現在の決済システムは金融機関ごとに異なるシステムが使用されているため、手数料が多く取られたり、取引に時間がかかるなどのデメリットが存在します。

OmiseGoはそれを解決するために新たなネットワークを開発しました。OmiseGoのネットワークを使えば、国や金融機関をまたいで低コストでリアルタイムに決済できるようになります。

つまりOmiseGoのネットワークを使用したアプリを搭載したスマートフォンを持っていれば、銀行口座やクレジットカードがない人でも仮想通貨で簡単に送金・決済できます。

なぜOmiseGoがタイで普及しているのか?

タイの画像

日本で暮らしていると銀行口座やクレジットカードを持っていることが当たり前という感覚があると思いますが、タイや東南アジアでは銀行口座を開設するのにもお金がかかるため、口座を開けない人やクレジットカードを持てない人が多く存在します。

そこで良い決済システムが無いかと考え出されたのが「Omise」です。

タイや東南アジアでは銀行口座やクレジットカードを持っている人は多くありませんが、スマートフォンは誰もが持っているものです。

それならスマートフォンから仮想通貨(OmiseGo)で送金、決済が出来るようになれば便利になりますよね。

タイや東南アジアではこのような需要が高かったのでOmiseGoが流行ったのです。

日本でOMGを取り扱っている暗号資産取引所

20年7月22日にGMOコインがOmiseGoの独自通貨、OMGの取扱を発表しました。それに続き、21年7月現在、coincheckなど合計4社がOMGを扱っています。

関連:国内初、GMOコインに仮想通貨オーエムジー(OMG)上場

関連:コインチェック、仮想通貨オーエムジー(OMG)新規上場へ

OmiseGoの今後

「Omise」は主に、アジア·太平洋領域の近隣諸国へ進出しています。

Omiseを運営するOmise Holdingsは、20年4月にSYNQAへ名称変更を行い、同年6月にはトヨタなどから資金調達を行いました。今後は、キャッシュレス化が加速するアジアでの事業拡大を進めるようです。

関連:Omiseホールディングスが「SYNQA」へ社名変更、アジア市場でのフィンテック領域を強化

関連:SYNQA(旧Omise Holdings)、トヨタや三井住友銀行などから86億円調達

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア