仮想通貨Bancor (BNT)、イーサリアムとEOSを繋ぐ「Bancor X」でクロスチェーン実働開始

「Bancor X」でクロスチェーン実働開始
分散型取引所Bancorが、イーサリアムネットワークだけではなく、EOSネットワークにも対応していくと発表して1ヶ月余り、EOSメインネットで利用可能になったことが明かされた。

BancorXの概要

世界有数の分散型取引所Bancorは、イーサリアムネットワークを使用し昨年6月にICOを行なった際、わずか3時間で約165億円の資金調達に成功し話題を呼んだ。

また現在でも、​イーサリアムブロックチェーン上で、取引高リスト上位に定期的にランクインしている。

Bancorが開発しているプロトコルでは、自動で取引価格を算出、仲介通貨のような役割を持ち、スマートトークンと呼ばれるBancor Network Token(BNT)を利用することで高い流動性を提供している。

分散型取引所Bancor、イーサリアムに次いでEOSネットワークにも対応可へ
分散型取引所BancorのネットワークがEOSにも対応する事が発表された。昨年最も成功したICOプロジェクトの一つを開発したチームの将来的な計画が公式ブログで明かされた。

Bancorのチームは、今回の発表でBancorXにおけるEOSベースのトークンと、イーサリアムベースのトークンの交換に関して、次のような発表を行った。

  • BancorXでのクロスチェーンを用いたトークンの交換には、チェーン間を移動できる最初の分散型デジタルアセットであるBancor’s Network Token(BNT)が用いられる。
  • BancorXでのトランザクションは、EOS上でのBancorの独自実装により、(イーサリアムでは10秒以上かかり、50ドル以上に達するガスとは対照的に、)1秒で、かつ手数料なしで完了する。
  • Bancor Foundationは、現在イーサリアム上で保有している1,000万ドル相当のBNT を、EOS開発とトークンの流動性を促進するためにEOSブロックチェーンの安全なアカウントに移行予定。
  • BancorXは、複数のチェーンにわたって機能する最初のDappとなる。
  • EOSブロックチェーンでのサポートは、Bancorの新しいブロックチェーンネットワークの最初の拡張であって、これで終わりではない。
  • 今後のリリースでユーザーは、自分のニーズにあったプロジェクトのトークンをブロックチェーンによらず、シームレスに利用可能になる。

BancorXの仕組み

公式発表によると本日、「BancorX」が、EOSメインネットに正式ローンチされた。

BancorXでは、EOSベースの資産とイーサリアムベースの資産とを、売り手と買い手のマッチング、取引所への入金なしで自動で交換することが可能となる。

通貨交換は、Bancor’s Network Token(BNT)によって処理され、ユーザーがイーサリアムをBancorX経由でEOSに交換する際、はじめに両ブロックチェーンで利用できる(ブロックチェーン間を移動できる)BNTに変換される。

EOSベースのトークンからイーサリアムベースのトークンへの交換も、BNTを介して行われる。

どの場合でも、BNTが交換を仲介するのみで、交換の前後でBNTの供給量は変化しない。

これまで、イーサリアムとEOSのアセット間での交換を実行する方法は、中央集権仮想通貨取引所を利用するしか方法はなかった。

これは、異なるブロックチェーン間に関係性を持たすことできる方法が今までなかったためだ。

一方、クロスチェーンが実装されたBancorXでは、取引所に入金せずブロックチェーン間でトークン交換が可能となる。

さらに、ユーザーがEOS上でのBancorの独自の実装を利用可能になるということ。

具体的には、以下の通りだ。

  • 1秒でトランザクションが承認される。
  • トランザクション手数料がかからない。
  • フロントランニングの危険性がない。EOSのブロックチェーンには、イーサリアムのような手数料によって優先順位がつかない。

今回のリリースにおいて、ユーザーと開発者が2つの異なるチェーン間でトークンを自由に移動出来るように、両者の流動性と活動を一層強化することが期待される。

リリースに関して

現在120以上のEOSおよびイーサリアムベースのトークンがBancorXを介して交換可能となっている。

誰でも流動性を高めたいイーサリアムやEOSトークンをステークすることにより、Bancorの流動性ネットワーク上で利用可能となる。

MEET.ONE(MEET)と Chaince(CET)は、BancorXで最初に利用可能になるトークンの1つだ。

Bprotocol Foundationは、現在イーサリアムのブロックチェーンで保有している1,000万ドル相当のBNTをEOSブロックチェーンの安全なアカウントに移行すると発表した。

この資金は、EOSブロックチェーンの安全性と信頼の象徴として役立つだけではなく、EOSの開発とトークンの流動性を促進するために使用され流動性が高まる形となっている。

Bancorの共同設立者でプロダクト設計を行なっているEyal Hertzog氏は、「BancorXはブロックチェーン間を移動可能なBNTの機能に基づいている。クロスチェーンは、現在のEOSとイーサリアムエコシステムを結びつけるネットワーク間トークンとしてのBNTの有用性を高め、将来的にはより多くのブロックチェーンを結びつける。」と述ベていた。

また、Bancorの共同設立者であり、事業開発責任者を務めるGalia Benartzi氏は、「EOSとイーサリアムベースのアセットを交換できるクロスチェーンによりBancor NetworkがEOSの ネットワークへ拡大できることを嬉しく思っている。」と非常に喜んでいると述べている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加